BeeBet Times

EURO2024(ユーロ2024)の得点王は誰?クリスティアーノ・ロナウド、キリアン・エムバペらが候補

24か国が出場するEuro2024(ユーロ2024)が、6月14日にドイツで開幕する。前回Euro2020(ユーロ2020)は、イタリアがPK戦でイングランドを破り、チャンピオンとなった。

アズーリの優勝は、1人の有能なストライカーに依存しなかった。チーロ・インモービレ、フェデリコ・キエーザ、マヌエル・ロカテッリ、マッテオ・ペッシーナ、そしてロレンツォ・インシーニェがそれぞれ2ゴールを挙げた。

サッカーの勝敗予想&オッズはこちらでチェック

それでも、トーナメント全体で絶好調のストライカーは通常、優勝チームには不可欠だ。その観点から、ユーロ2024のゴールデンブーツ(得点王)の有力候補をピックアップする。

ユーロ2024の得点王候補

ロメル・ルカク(ベルギー)

ルカクの波乱に満ちたクラブキャリアは、最近のシーズンで少々落ち着いてきた。チェルシーへの大型移籍が失敗に終わり、同様にインテル・ミラノへのレンタル復帰も期待外れだった。しかし、30歳のルカクはローマでのジョゼ・モウリーニョ監督とASローマで再会後、ある種の復活を楽しんでいる。そして、シャルケの元ヘッドコーチであるドメニコ・テデスコが指揮するベルギー代表では、ユーロ2024予選で驚異的な14ゴールを挙げて得点王に輝いた。

クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)

ユーロ2020では、クリスティアーノ・ロナウドがチェコのスター、パトリック・シックと並んで5点を挙げ、アシスト数で上回り単独の得点王となった。今大会が彼にとって最後の華やかな瞬間となる可能性があるが、彼が静かに去ることは期待できない。2022FIFAワールドカップカタール大会でゴンサロ・ラモスに先発の座を奪われたとき、ロナウドの国際キャリアの終焉が急速に近づいているように感じられた。しかし、ロベルト・マルティネスがポルトガル代表監督に就任して以来、彼に信頼を置いており、この38歳のスター選手は予選で10得点を挙げ、男子史上最多の国際試合得点記録を128まで伸ばしている。

ハリー・ケイン(イングランド)

2018年のFIFAワールドカップロシア大会で6得点を挙げてゴールデンブーツ賞を受賞したケインは、長年にわたって自らをメジャートーナメントで主要な選手と証明してきた。ユーロ2020では4得点を挙げ、2022年のFIFAワールドカップカタール大会も決勝トーナメントの2試合でそれぞれ得点を挙げた。

イングランドの歴代最多得点記録保持者であるケインは、昨夏にバイエルン・ミュンヘンに加入して以来、素晴らしい活躍を見せており、羨望の的となる才能溢れるイングランド代表で輝く準備が整っている。ケインの活躍次第では、欧州王者の称号が今度こそサッカーの母国に戻ってくるかもしれない

キリアン・エムバペ(フランス)

2022年のFIFAワールドカップカタール大会決勝でのエムバペのハットトリックは、カタールでのゴールデンブーツを確定させたが、アルゼンチンに勝利するには十分ではなかった。パリ・サンジェルマンのスーパースターは、現在、2大会連続でワールドカップ決勝で得点しており、これは1958年と1962年に達成したブラジルのスター、ヴァヴァことエジバウド・イジディオ・ネトと肩を並べる偉業だ。興味深いことに、エムバペはユーロで得点を記録していなく、前回の大会では4試合で無得点だった。

アルバロ・モラタ(スペイン)

モラタがユーロ2020準決勝のイタリアとのPK戦でペナルティーキックを蹴る姿を見るのは、スローモーションで展開する自動車事故を見ているようだった。もちろん、彼の大会3得点目でPK戦にもつれたわけだが、その前のほとんどの月、スペイン代表のストライカーは自信を欠いており、数々のチャンスを逃し、先発の座を失っていた。

それから月日が流れ、モラタはアトレティコ・マドリードに戻り、ディエゴ・シメオネ監督の下で復活した。ユーロ2024の予選では、彼はスペインの先発センターフォワード兼キャプテンを任された。

二クラス・フュルクルク(ドイツ)

ホスト国のドイツは前回のユーロ以来、2度監督が交代し、信頼できるセンターフォワードが長い間不在だった。そこで登場したのが、ニクラス・フュルクルクだ。彼は遅咲きの選手で、30歳でゲームのトップに立つまでに平坦な道を歩いてこなかった。ヴェルダー・ブレーメンでの目覚ましい活躍のおかげで、フュルクルクは2022年FIFAワールドカップカタール大会のドイツ代表入りを果たし、その後、ボルシア・ドルトムントへの移籍につながった。

フィジカルがあり、古風なリーダーであるフュルクルクは、国際舞台でのプレーにもスムーズに適応し、13試合で10得点を挙げている。彼は先発の座が保証されていないが、大会早々に得点を挙げ、その後は好調を維持することが想像に難くない。まるで1990年のFIFAワールドカップイタリア大会のサルヴァトーレ・スキラッチのように。フュルクルクは、ドイツが必要とする英雄になり得るかもしれない。

サッカーの勝敗予想&オッズはこちらでチェック

最近のニュース