EURO2024(ユーロ2024)、予想オッズで見るベスト8見どころ

サッカー

日本時間6月15日にドイツで開幕したEURO2024(ユーロ2024)。すでに16チームが敗退し、残ったのは8チーム。7月6日からは、トーナメント戦で一番面白いと言われる準々決勝が行われる。BeeBetのオッズを元に、準々決勝4試合の見どころを紹介する。

ユーロ2024の勝敗予想&オッズはこちらでチェック

7月6日(土)1:00 キックオフ

スペイン(2.65) vs ドイツ(2.65)

最多優勝回数で並ぶ両チームの一戦は、間違いなく今大会屈指の好カード。ゴール数では1位ドイツ(10)、2位スペイン(9)、パス成功率でも1位ドイツ(92.3%)、2位スペイン(91%)と両チームがトップ2を占め、失点も両チーム合わせて3失点と攻守で今大会をリードしている。そして、若い才能とベテランを巧みに融合させ、すべてをエンターテインメント性豊かに実現しているのが両チームの特徴だ。バルセロナに所属するドイツの主将イルカイ・ギュンドアンは、マンチェスター・シティ時代のチームメイトであるMFロドリ、現同僚のFWラミン・ヤマルとのマッチアップは興味深いところだ。

7月6日(土)4:00 キックオフ

ポルトガル(3.20) vs フランス(2.35)

ポルトガルもフランスもここまでは本来の流れるようなプレーを見せていないが、この両チームが魅力的なチームであることに変わりはない。ポルトガルのFWクリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル)、フランスのFWキリアム・エンバぺ(レアル・マドリード)がフィールドで注目を集める一方で、勝負のカギを握るのはディフェンスかもしれない。ポルトガルのGKディオゴ・コスタは、ベスト16のスロベニア戦ではPK戦で3度のファインセーブを見せて救世主となった。フランスも4試合のうち3試合でクリーンシートと堅守を誇り、DFジュール・クンデ(バルセロナ)やDFウィリアン・サリバ(アーセナル)といった若い力が守備陣をけん引している。

7月7日(日)1:00 キックオフ

イングランド(2.15) vs スイス(3.65)

なかなか調子が出ないイングランドと、グループステージではドイツと引き分け、ベスト16ではイタリア撃破と波に乗るスイスの対照的なチームの一戦。イングランドは、ここまで4試合戦ってわずか4得点。ただ、ハリー・ケーン(バイエルン・ミュンヘン)とジュード・ベリンガム(レアル・マドリード)の前線2人が2得点ずつ挙げているのは頼もしい。一方のスイスは、突出したスタッツを残している選手こそいないが、チーム力で勝ち上がってきている印象だ。これまで戦った4試合ではすべての試合でゴールを挙げ、奪った7ゴールはすべて違う選手とどこからでもゴールを狙える強みがある。両チームの対戦成績は、イングランドが18勝3敗6分けと圧倒している。

7月7日(日)4:00 キックオフ

オランダ(1.53) vs トルコ(5.60)

準々決勝の中で最もオッズ差がついた一戦だが、対戦成績はオランダの6勝4敗4分けと拮抗している。トルコは、オランダがグループステージで黒星を喫したオーストリアをベスト16で撃破した。この試合で2ゴールを挙げたトルコは、いずれもコーナーキックからDFメリフ・デミラル(アル・アハリ)が押し込んだ。トルコが誇る19歳の若き至宝FWアルダ・ギュレル(レアル・マドリード)が左足から放つ正確無比のパスに注目だ。対するオランダは、ベスト16のルーマニア戦で途中出場のFWドニエル・マレン(ボルシア・ドルトムント)が2ゴールを記録。グループステージ初戦のポーランド戦でも後半から投入されたFWワウト・ウェフホルスト(ホッフェンハイム)が決勝ゴールを決めるなど、ロナルド・クーマン監督が切るカードに期待が寄せられる。

*国名横の()内のオッズは日本時間7月5日11時37分時点

*日時はすべて日本時間で表記

BeeBetの会員登録はこちら

SNS

BeeBet Sportsでもっと見る

野球

読売ジャイアンツと阪神タイガースによる3連戦の第2戦が16日に東京ドームで行われる。伝統の一戦の第2ラウンドは、巨人が山﨑伊織、阪神は才木浩人が先発マウンドに上がる予定となっている。 野球の勝敗予想&オッズはこちらでチェック 15日の3連戦初戦は、阪神が先発ビーズリーの好投で2-0と先勝。首位の巨人に0.5ゲーム差に肉迫した。第2戦も好投手による投げ合いなので、1点を争う好ゲームとなりそうだ。 連敗中の巨人は、防御率(1.69)がチームトップの山﨑に連敗ストップを託す。ここまで6勝を挙げている25歳の右腕は、4月16日の阪神戦に先発登板して7回1失点のナイスピッチング。勝ち星こそつかなかったが、昨季の新人王とMVPに輝いた村上頌樹と互角に投げ合った。打線は20イニング無得点と湿りがちなだけに、山﨑は目下9試合連続でクオリティスタート(6回以上を投げて自責点3以内)を続けている安定感を武器に、チームを連敗脱出に導きたい。 一方の阪神は、2連勝と勢いに乗る。先発予定の才木はここまで8勝を挙げ、すでにシーズン自己最多だった昨季の勝ち星に並んでいる。防御率1.12でセ・リーグ2位の25歳右腕は、今季の巨人戦では3試合に先発登板して1勝0敗、防御率0.98とめっぽう強く、今回の登板でキャリアハイの9勝目を目指す。打撃陣では、佐藤輝明、大山悠輔の中軸に当たりが戻ってきたのは心強い。 BeeBetのオッズ(2024年7月16日11時26分時点)は、巨人の勝利(延長含む)が「1.83」倍に対し、阪神の勝利(延長含む)が「1.87」倍となっており人気が拮抗している。 BeeBetの会員登録はこちら

サッカー

南米サッカー連盟主催で、世界最古のナショナルチームによる世界選手権と知られるコパ・アメリカが日本時間6月21日に開幕する。48回目を迎える今大会は、南米サッカー連盟(CONMEBOL)に所属するブラジルやアルゼンチンなど10か国と北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)に所属するメキシコ、アメリカなど6か国を合わせた計16か国で王座を競う。ここでは、全試合の日程、対戦カード、結果、順位表をまとめる。 コパ・アメリカの勝敗予想&オッズはこちらでチェック ※日時はすべて日本時間。 【グループステージ】 〈グループA〉 順位表 順位 チーム 勝 分 負 得 失 差 勝点 1 アルゼンチン 3 0 0 5 0 5 9 2 カナダ 1 1 1 1

サッカー

コパ・アメリカ2024では、多くの優れたアタッカーが出場する。彼らは自国を栄光へと導こうと貪欲にゴールを狙うため、多くの得点シーンが生まれるだろう。リオネル・メッシ(アルゼンチン)、ビニシウス・ジュニオール(ブラジル)、ルイス・スアレス(ウルグアイ)、エドゥアルド・バルガス(チリ)など、決定力のある超一流フォワードが数多く出場する。 コパ・アメリカの勝敗予想&オッズはこちらでチェック メッシは2021年のコパ・アメリカで4ゴールを決め、さらに5アシストを記録。アルゼンチンがタイトルを獲得した際にゴールデンブーツ賞に選ばれた。48回目を迎える今大会は、果たして誰がゴールデンブーツの栄誉を手にするのか。 得点数が並んだ場合はどうなる? 現在のCONMEBOL(南米サッカー連盟)の規程によると、得点数が並んだ場合、最もプレー時間の少ない選手が優先される。それでも決まらない場合は、ノックアウトステージで最も多く得点した選手に授与される。それでも同じ場合は、最終的にCONMEBOLの競技および運営部門による抽選で決められる。 歴代得点王の一覧 年 選手 得点 2024 ラウタロ・マルティネス 5 2021 リオネル・メッシ 4 2019 エヴァートン・ソアレス 3 2016 エドゥアルド・バルガス 6 2015 パオロ・ゲレーロ/エドゥアルド・バルガス 4 2011 パオロ・ゲレーロ 5 2007 ロビーニョ 6

MLB

オールスター前日に行われるホームランダービー。球宴を彩るアーチストたちの競演は、日本時間16日にテキサス・レンジャーズの本拠地グローブライフ・フィールドで開催される。各リーグ本塁打トップの大谷翔平(ロサンゼルス・ドジャース)とアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)は欠場するが、総勢8名の強打者が参戦する。 MLBの勝敗予想&オッズはこちらでチェック ホームランダービーのルールは? 今年のホームランダービーは通常とは異なるフォーマットで開催される。出場選手8名に変わりはないが、1回戦は全8選手が同じ持ち時間で本数を競う。上位4名が準決勝に進出し、準決勝からはトーナメント形式となる。準決勝のシード順は1回戦のホームラン数によって決定され、同数の場合は1回戦の最長飛距離によって順位が決められる。 1回戦と準決勝は制限時間3分(タイムアウト1回)で、球数が40球。それとは別に3つの「ボーナスアウト」が用意されており、本塁打以外をすべてアウトとカウントして、3アウトになるまでスイングを続けることができる。ボーナス期間中に飛距離425フィート(約130メートル)以上の本塁打を放つと、4つ目の「ボーナスアウト」が追加されるルールとなっている。決勝のみ制限時間2分、球数は27球で、ボーナスのルールは1回戦・準決勝と同様となっている。フォームの始まり 出場選手 ガナー・ヘンダーソン(ボルティモア・オリオールズ) 今季の本塁打数:27本 今季の最長飛距離本塁打:131メートル 2023年に28本のホームランを打ち新人王を獲得。今季もその勢いを持続し、すでに昨年の本数に追いつく勢いだ。 ピート・アロンソ(ニューヨーク・メッツ) 今季の本塁打数:18本 今季の最長飛距離本塁打:136メートル 2019年以降5年連続の出場(コロナ禍で行われなかった2020年は除く)。2019年と2021年に優勝しているアロンソは、もし今年も優勝すれば、ケン・グリフィーJrと並び史上最多となる。 アレク・ボーム(フィラデルフィア・フィリーズ) 今季の本塁打数:11本 今季の最長飛距離本塁打:130メートル ホームラン数こそ多くないが、パワーヒッターのボーム。今季11本塁打のうち、4本は126メートル以上飛ばしている。 ボビー・ウィットJr.(カンザスシティ・ロイヤルズ) 今季の本塁打数:15本 今季の最長飛距離本塁打:143メートル 2023年に球団史上初の30本塁打、30盗塁を記録してブレーク。今年もさらに成績を伸ばし、初のオールスター選出を果たした。父親は、元MLB投手で142勝をマークしたボビー・ウィット。 マルセル・オズナ(アトランタ・ブレーブス) 今季の本塁打数:24本 今季の最長飛距離本塁打:136メートル ホームランダービー初出場のオズナは、2023年に初めて40本塁打に到達。今季もその大台に乗せるチャンスは十分にある。 ホセ・ラミレス(クリーブランド・ガーディアンズ) 今季の本塁打数:23本 今季の最長飛距離本塁打:133メートル 12年目にして初のシーズン40本塁打が視野に入っている31歳の大砲。2022年以来2度目のホームランダービーの舞台に立つ。