BeeBet Times

サッカー日本代表vsミャンマー戦見どころ|FIFAワールドカップ2026アジア2次予選

FIFAワールドカップ2026アジア2次予選兼AFCアジアカップサウジアラビア2027予選のサッカー日本代表vsミャンマー代表の試合が、6日にトゥウンナスタジアム(ミャンマー・ヤンゴン)で行われる。すでにアジア3次予選に進出することが確定している日本代表は、残り2戦をどう戦うか注目だ。

サッカーの勝敗予想&オッズはこちらでチェック

アジア2次予選はどんな大会?

アジア2次予選は、36か国を9グループに分け、上位2チームの計18か国がアジア3次予選に駒を進める。日本代表は、シリア、ミャンマー、北朝鮮と同じB組に入り、ここまで4戦全勝と圧倒的な強さを見せている。

前回対戦は5-0で圧勝

ミャンマーとは、アジア2次予選の初戦を2023年11月16日にパナソニックスタジアム吹田で戦い、5-0の完勝だった。上田綺世(フェイエノールト)がハットトリックを決めれば、鎌田大地(ラツィオ)と堂安律(SCフライブルク)もゴールを奪うなど海外組が躍動した一戦だった。

日本代表の注目は?

今回も日本代表に召集された26名のうち、海外組が21人に対して国内組が5人と海外組が中心。ミャンマー戦に臨む26人のメンバーの中で注目したいのが、日本代表初選出となった川村拓夢だ。身長183センチの大型攻撃的MFは、昨年6月4日の京都サンガF.C.戦で自陣からボールを奪うとスピードに乗ったドリブルで敵陣まで持ち込み、最後はキーパーとの1対1になっても冷静に左足で蹴り込むスーパーゴールを決めて見せた。これは月間ベストゴールにも選ばれたほど。アジア3次予選メンバー入りの生き残りをかけるためにも、ピッチに立ったら結果を残したいところだ。

ミャンマー代表はどんなチーム?

FIFAランキングによると、日本がアジア最上位の18位に対して、ミャンマーは163位。日本代表とのワールドカップ予選での対戦成績は、過去3戦全敗。2021年5月のFIFAワールドカップカタール2022 アジア2次予選では0-10で大敗した経験がある。それでもチームは、ドイツ人のミヒャエル・ファイヒテンバイナー監督を招へいし、サプライズを起こそうと必死だ。

サッカー日本代表 出場予定メンバー

GK

  • 前川 黛也(ヴィッセル神戸)
  • 大迫 敬介(サンフレッチェ広島)
  • 谷 晃生(FC町田ゼルビア)

DF

  • 長友 佑都(FC東京)
  • 谷口 彰悟(アル・ラヤン/カタール)
  • 板倉 滉(ボルシア・メンヘングラートバッハ/ドイツ)
  • 町田 浩樹(ユニオン・サンジロワーズ/ベルギー)
  • 冨安 健洋(アーセナル/イングランド)
  • 伊藤 洋輝(VfBシュツットガルト/ドイツ)
  • 橋岡 大樹(ルートン・タウン/イングランド)
  • 菅原 由勢(AZアルクマール/オランダ)

MF/FW

  • 遠藤 航(リバプールFC/イングランド)
  • 南野 拓実(ASモナコ/フランス)
  • 守田 英正(スポルティングCP/ポルトガル)
  • 鎌田 大地(SSラツィオ/イタリア)
  • 相馬 勇紀(カサ・ピアAC/ポルトガル)
  • 小川 航基(NECナイメヘン/オランダ)
  • 前田 大然(セルティック/スコットランド)
  • 旗手 怜央(セルティック/スコットランド)
  • 堂安 律(SCフライブルク/ドイツ)
  • 上田 綺世(フェイエノールト/オランダ)
  • 田中 碧(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
  • 川村 拓夢(サンフレッチェ広島)
  • 中村 敬斗(スタッド・ランス/フランス)
  • 久保 建英(レアル・ソシエダ/スペイン)
  • 鈴木 唯人(ブレンビーIF/デンマーク)

試合概要(日程・対戦カード)

  • 大会名:FIFAワールドカップ2026アジア2次予選兼AFCアジアカップサウジアラビア2027予選
  • 対戦カード:日本代表vsミャンマー代表
  • 開始時刻:日本時間6月6日(木)21:10キックオフ予定
  • 会場:トゥウンナスタジアム(ミャンマー・ヤンゴン)

BeeBetの会員登録はこちら

最近のニュース