BeeBet Times

堀口恭司はセルジオ・ペティスにリベンジなるか | 6.9『RIZIN.47』見どころ・予想

6月9日(日)に『RIZIN.47』(ライジン47)が、東京・国立代々木競技場第一体育館で行われる。ここでは、メインイベントの堀口恭司とセルジオ・ペティスによるバンタム級のファイトのほか、準メインのクレベル・コイケ vs フアン・アーチュレッタなど主な試合の見どころとBeeBet内の全カードのオッズを紹介する。

RIZINの勝敗予想&オッズはこちらでチェック

堀口恭司 vs セルジオ・ペティス

堀口にとってペティスは、ベラトール(Bellator MMA)の王座獲得を阻まれた因縁の相手。堀口は2021年12月3日のベラトール(Bellator MMA)世界バンタム級王座戦で当時王者だったペティスに挑戦するも、4Rに右ハイキックを交わした直後に左バックハンドブロー一発を食らって失神KO負けした苦い思い出がある。その負のメモリーを払しょくするために、本来はフライ級が適性の堀口が、ペティスの主戦場であるバンタム級に上げて臨むからにはリベンジを期する思いが相当強いはずだ。試合の展開は、攻撃と防御に優れる堀口が、カウンターを得意とするペティスに対してどのように間合いを図って勝負をするのか。不用意に飛び込めば2年半前の再現になるので、この距離感が勝負の重要なカギを握る。

BeeBetのオッズは、堀口の勝利が「1.30」倍に対して、ペティスの勝利が「2.90」倍とファンの多くは堀口が2年半前のリベンジを果たすと予想している。

クレベル・コイケ vs フアン・アーチュレッタ

セミファイナルでは、元フェザー級王者クレベルと元バンタム級王者アーチュレッタが対戦。この戦いはRIZINフェザー級次期挑戦者決定戦と位置付けられ、現チャンピオン鈴木千裕への挑戦が期待される。しかし、7月28日の『超RIZIN.3』の結果次第で朝倉未来や平本蓮が挑戦者候補になる可能性もある。クレベルは以前、鈴木とのタイトルマッチで体重超過しベルトを剥奪されたが、再起戦で斎藤裕に勝利。アーチュレッタも体重超過でバンタム級王座を剥奪された後、フェザー級復帰を目指している。両者の異なるバックボーンによる対戦に注目が集まる。

BeeBetのオッズは、アーチュレッタの勝利が「1.75」倍に対して、クレベルの勝利が「1.85」倍とかなり拮抗している。ファンの間でも勝敗予想が難しい息もつかせぬ熱戦が期待できそうだ。

上田幹雄 vs シェミスラブ・コバルチェク

極真世界一の肩書を持つ上田と、プロデビュー以来3戦3KOのコバルチェクが激突するヘビー級の一戦。両者とも打撃フィニッシュ率100%のハードヒッターで、壮絶な打ち合いが期待される。勝負の鍵は上田のグラップリング対応力。アマチュアMMAで20戦以上の経験を持つコバルチェクは、寝技の展開に優れており、その状況に対する上田の対応が注目される。

BeeBetのオッズは、上田の勝利が「1.45」倍に対し、コバルチェクの勝利が「2.35」倍。極真空手の世界王者がRIZIN初参戦の新星を倒すほうに人気が集まっている。

武田光司 vs ラジャブアリ・シェイドゥラエフ

2024年3月の『RIZIN LANDMARK 9』で、武田はライト級からフェザー級に転向し、転向初戦で萩原京平と対戦。レスリング技術で圧倒した武田は3-0の判定勝ちを収め、この試合でフェザー級でも通用することを証明した。今回の対戦相手は、RIZIN初参戦のキルギス出身、10戦全勝のシェイドゥラエフ。シェイドゥラエフは全勝をKOかサブミッションで決めた注目の新鋭。武田と同じくレスリングをバックボーンに持ち、オールラウンダーとしての戦いが期待される。グラウンドでの対決が見どころとなるだろう。

BeeBetのオッズは、武田の勝利が「2.25」倍に対して、シェイドゥラエフの勝利が「1.50」倍。フェザー級の生き残りをかけた一戦は、キルギス出身の新鋭が支持を集めている。

スパイク・カーライル vs キム・ギョンピョ

フィニッシュ率90%超のカーライルと80%以上のギョンピョが対戦するRIZINライト級の一戦。注目点は、連敗中のカーライルがオールラウンダーのギョンピョにどのような戦術を用いるか。両者ともに高い試合決定率を誇るだけに、総合力が問われる一戦となりそうだ。

BeeBetのオッズは、カーライルの勝利が「1.55」倍に対し、ギョンピョの勝利が「2.15」倍。ファンの予想は、カーライルの連敗脱出の方に流れているようだ。

ジョニー・ケース vs “ブラックパンサー”ベイノア

ベイノアは、前回の井上雄策戦で消極的な試合内容が酷評され、ファンからそっぽを向かれた。そのため、査定マッチとして実力者ジョニー・ケースとの対戦が決定した。挑戦者のケースは、RIZINライト級グランプリ3位の実績を持つ実力者。“禊マッチ”に挑むベイノアにとって決して楽な相手ではない。

そのためか、BeeBetのオッズは、ケースの勝利が「1.15」倍に対して、ベイノアの勝利が「4.10」倍と今回のカードの中で最もオッズの差が出る結果となっており、オッズでもベイノアはファンからそっぽを向かれているようだ。

カルシャガ・ダウトベック vs 関鉄矢

BeeBetのオッズは、ダウトベックの勝利が「1.17」倍に対し、関の勝利が「3.90」倍。14勝のうち12KOと高いKO率を誇るダウトベックにファンの人気が大きく傾いている。30歳同士の対決は、アラサー世代に勇気を与えるべく、熱い試合が期待される。

梅野源治 vs 魚井フルスイング

BeeBetのオッズは、梅野の勝利が「1.20」倍に対し、魚井の勝利が「3.50」倍。ムエタイ界の至宝でMMA挑戦を視野に入れる梅野に分がある一戦のようだが、キックボクシングルール初の魚井がリングネーム通りの“フルスイング”を一発当てることができればファンの期待を裏切る可能性もある。

徳留一樹 vs 宇佐美正パトリック

BeeBetのオッズは、徳留の勝利が「2.25」倍に対し、宇佐美の勝利が「1.50」倍。年齢が一回り以上違う若手対ベテランの対決は、24歳で伸び盛りの宇佐美を支持するファンが多い。

*記事内のオッズは、2024年6月8日3時29分時点のもの

BeeBetの会員登録はこちら

RIZIN.47 対戦カード

  • 第1試合:RIZIN MMAルール 5分3R(71.0kg)
    • 徳留一樹 vs 宇佐美正パトリック
  • 第2試合:RIZINオープンフィンガーグローブキックボクシングルール(※肘有り):3分3R(62.0kg)
    • 梅野源治 vs 魚井フルスイング
  • 第3試合:RIZIN MMAルール:5分3R(71.0kg)
    • ジョニー・ケース vs “ブラックパンサー”ベイノア
  • 第4試合:RIZIN MMAルール 5分3R(66.0kg)
    • カルシャガ・ダウトベック vs 関鉄矢
  • 第5試合:RIZIN MMAルール 5分3R(71.0kg)
    • スパイク・カーライル vs キム・ギョンピョ
  • 第6試合:RIZIN MMAルール:5分3R(66.0kg)
    • 武田光司 vs ラジャブアリ・シェイドゥラエフ
  • 第7試合:RIZIN MMAルール 5分3R(120.0kg)
    • 上田幹雄 vs シェミスラブ・コバルチェク
  • 第8試合:RIZIN MMAルール 5分3R(66.0kg)
    • クレベル・コイケ vs フアン・アーチュレッタ
  • 第9試合:RIZIN MMAルール 5分3R(61.0kg)
    • 堀口恭司 vs セルジオ・ペティス

※上記カードは運営の都合や選手の体調などにより中止・延期になる可能性がある。

 

最近のニュース