WPT世界選手権: 他では味わえないトーナメント体験

Poker

暖かい初夏の日、Wynnが1,300人規模のポーカートーナメントを開幕させる数時間前、Ryan Beauregardは来るWPT World Championshipについて興奮気味に語った。

ポーカーはラスベガスで、そして世界中で相変わらず活況を呈しており、Wynnがワールド・ポーカー・ツアーとパートナーシップを組み、この大規模なイベントを開催することは、間違いなくこのスポーツをさらに盛り上げることになるだろう。

「ポーカーは本格的に盛り上がっている。そして、トーナメントがよりポピュラーになってきています。これは我々にとって理にかなっている。」

12月1日から20日間に渡って開催されるこのポーカー大会では、少なくとも20以上のトーナメントが開催される。WynnとWPTは、一年で最も素晴らしい時期に、単なるポーカーを超えたポーカー・トーナメントをコンセプトにしている。

「世界中からプレイヤーを集めたいんだ。ワールド・ポーカー・ツアーは世界的に活動しているため、このイベントは彼らと提携するのに最適なものでした。WynnとWorld Poker Tourの両ブランドはとても強力で、その影響力はとても大きい。」

野心的な保証であることは確かだ。1500万ドルという賞金総額は、ライブトーナメントポーカー史上最大の保証額である。プレイヤーは$10,400のメインイベントに参加するか、オンラインと世界中のライブ会場で行われるサテライトで参加資格を得ることになる。

「WPTのグローバル・リーチにより、クラブWPT、WPTグローバル、そして世界中の他のパートナーから数百のオンライン予選が行われる。それに300から400のライブ・サテライト予選が加わり、500から600のプレイヤーがサテライトで10,400ドルのイベントに参加することになる。これはかなりユニークなことで、1500万ドルのギャランティーを達成する自信につながっています。」

Beauregard氏は、ポーカーに詳しい誰もが今感じていること、つまり、ポーカートーナメントが再び人気を集め始めていることを肯定している。Wynn Las Vegas、そしてポーカー界全体が繁栄している。

「パンデミックから抜け出して以来、私たちのポーカートーナメントは驚異的な成長を遂げています。ラスベガスは活気の原動力となり、私たちのイベントは記録を更新し続けている。2年連続で1000万ドル保証のWynn Millionsを復活させ、その賞金プールに達する大成功を収めました。」1,500万ドルは、我々のイベントの成長と進化における次のステップのように思えた。

イベントはウィンのアンコール・ボールルームで行われ、約120のテーブルが用意される。ボーレガード氏は、ファイナルテーブルを含むテレビ中継されるイベントが最大の観衆を集めると予想している。そして、このような大規模なフェスティバルでは、成長は即座に起こる可能性がある。

「10年後には、もっと大きなスペースに移っていたいですね。もちろん、2年後にはそうなっているかもしれませんが!」

BeeBetの会員登録はこちら

 

全ての人にチャンスを

ポーカーに興味のある人なら、地球上の誰でも参加できる。トーナメントで何百万ドルもの賞金を獲得するチャンスは、以前はプロだけのものだったが、今ではチップと椅子さえあれば、誰でも7桁の賞金を手にすることができる。

「私たちの目には、これはステレオタイプのプロだけのためのトーナメントではない、と映っています。彼らが参加するのは確かだが、グローバル・サテライト・プログラムにより、カジュアルなアマチュアやレクリエーション・プレーヤーも参加できるトーナメントだ。ゲームを愛するすべての人にとって、見逃せない大会になることを願っている。」

このイベントの “オープン “な性格を考えれば、アウトドアスポーツの世界、たとえば人気上昇中のゴルフになぞらえるのは簡単だ。また、これだけの規模のイベントを、ホールデム史上最も人気のある歴史的なワールド・シリーズ・オブ・ポーカー・メインイベントと比較しないわけにはいかない。ボーレガードに尋ねた: 「WSOPメインイベントがマスターズだとしたら、WPTチャンピオンシップに最も似ているゴルフトーナメントは?」幸運なことに、彼は熱心なゴルファーだ。
「USオープンと全英オープンの組み合わせは間違いない。というのも、この大会は誰もが参加でき、本当に世界的な大会になるからだ。しかし、もう一歩踏み込んで言うと、これはAT&Tペブルビーチ・プロアマに似ている。それがこの大会を特別なものにしている。誰もがプレーするチャンスがあるんだ。」

このフェスティバルでは、24以上のポーカートーナメントが開催される。その中には、10,400ドルの世界選手権イベントの前に行われるWPTプライムイベントも含まれる。プライムイベントは$1,100のバイインで、$200万のギャランティーがあり、Beauregard氏は4,000人のプレイヤーが参加し、賞金総額は$400万になると予想している。

「サテライトに参加できない、あるいは1万ドルに参加できない人にとっても、プライム・イベントは大きなものになるだろう。その上、ファイナルテーブルがテレビ中継されるのだから、プレイヤーにとってはまたとないチャンスだ。通常、テレビ放映されるのはバイインが$3,000や$5,000以上のイベントに限られているからね。」

20日間のフェスティバルでは、ホールデム以外にも多くのイベントが開催される。WPTとWynnは、HORSE選手権、オマハ8オア・ベター選手権、その他のポーカー種目を計画している。最終日には、フェスティバルのラッピングパーティーを兼ねた2人1組のタッグトーナメントも予定されている。

「とても人気があり、とても楽しく、社交的なイベントで、みんな大好きなんだ。ポーカープレイヤーが得意とする社交の場として、大いに盛り上げていきたい」。

 

盛り上がるトーナメントポーカー
多くのポーカープレイヤーやこのスポーツのファンが常に投げかけている疑問、それはポーカーが2000年代初頭に到達した人気レベルに戻れるか、ということだ。

ボーレガードは言った。「ポーカーの全盛期を象徴するものは、多くのテレビ番組だった。WPTがここでやっていること、つまり2つの大きなイベントをテレビ放映することで、WPTのテレビ放映は約10回になり、世界選手権とWynnを紹介することになる。」

ポーカーは最近どこでもプレイできるようになったが、真のビッグトーナメントポーカーにはラスベガスのような場所はまだない。

「しかし、本当に最大で最高のトーナメントを体験したいなら、ラスベガスはどこにも負けない。Wynn Las Vegasの他に、1000万ドルや1500万ドルのギャランティーや、賞金プールを生み出すプレイヤー層がいる場所はどこにもない。500ドルや600ドルのサテライト、あるいは1,100ドルのWPTプライムに参加すれば、50万ドルや100万ドルを獲得するチャンスがある。それが魅力的なんだ。ポーカーブームが今起きているんだ。」

プレイヤーの家族もお祭りを楽しむことができる。Beauregard氏は、WPTとWynnは、イベントに同行したい大切な人、家族、友人のために、様々なイベントや機会を計画していると説明した。

「多くの場合、大切な人たちは、一緒にいる人がプレーしている間、傍観者になってしまう。オフザフェルトのアクティビティやナイトイベント、その他の体験を企画したいと思っています。まだ企画の初期段階ですが、ポーカー・トーナメントだけでなく、人々が集う真のフェスティバルを作ることが目標です。」

BeeBetの会員登録はこちら

SNS

BeeBet Sportsでもっと見る

サッカー

南米サッカー連盟主催で、世界最古のナショナルチームによる世界選手権と知られるコパ・アメリカが日本時間6月21日に開幕する。48回目を迎える今大会は、南米サッカー連盟(CONMEBOL)に所属するブラジルやアルゼンチンなど10か国と北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)に所属するメキシコ、アメリカなど6か国を合わせた計16か国で王座を競う。ここでは、全試合の日程、対戦カード、結果、順位表をまとめる。 コパ・アメリカの勝敗予想&オッズはこちらでチェック ※日時はすべて日本時間。 【グループステージ】 〈グループA〉 順位表 順位 チーム 勝 分 負 得 失 差 勝点 1 アルゼンチン 3 0 0 5 0 5 9 2 カナダ 1 1 1 1

サッカー

コパ・アメリカ2024では、多くの優れたアタッカーが出場する。彼らは自国を栄光へと導こうと貪欲にゴールを狙うため、多くの得点シーンが生まれるだろう。リオネル・メッシ(アルゼンチン)、ビニシウス・ジュニオール(ブラジル)、ルイス・スアレス(ウルグアイ)、エドゥアルド・バルガス(チリ)など、決定力のある超一流フォワードが数多く出場する。 コパ・アメリカの勝敗予想&オッズはこちらでチェック メッシは2021年のコパ・アメリカで4ゴールを決め、さらに5アシストを記録。アルゼンチンがタイトルを獲得した際にゴールデンブーツ賞に選ばれた。48回目を迎える今大会は、果たして誰がゴールデンブーツの栄誉を手にするのか。 得点数が並んだ場合はどうなる? 現在のCONMEBOL(南米サッカー連盟)の規程によると、得点数が並んだ場合、最もプレー時間の少ない選手が優先される。それでも決まらない場合は、ノックアウトステージで最も多く得点した選手に授与される。それでも同じ場合は、最終的にCONMEBOLの競技および運営部門による抽選で決められる。 歴代得点王の一覧 年 選手 得点 2024 ラウタロ・マルティネス 5 2021 リオネル・メッシ 4 2019 エヴァートン・ソアレス 3 2016 エドゥアルド・バルガス 6 2015 パオロ・ゲレーロ/エドゥアルド・バルガス 4 2011 パオロ・ゲレーロ 5 2007 ロビーニョ 6

MLB

オールスター前日に行われるホームランダービー。球宴を彩るアーチストたちの競演は、日本時間16日にテキサス・レンジャーズの本拠地グローブライフ・フィールドで開催される。各リーグ本塁打トップの大谷翔平(ロサンゼルス・ドジャース)とアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)は欠場するが、総勢8名の強打者が参戦する。 MLBの勝敗予想&オッズはこちらでチェック ホームランダービーのルールは? 今年のホームランダービーは通常とは異なるフォーマットで開催される。出場選手8名に変わりはないが、1回戦は全8選手が同じ持ち時間で本数を競う。上位4名が準決勝に進出し、準決勝からはトーナメント形式となる。準決勝のシード順は1回戦のホームラン数によって決定され、同数の場合は1回戦の最長飛距離によって順位が決められる。 1回戦と準決勝は制限時間3分(タイムアウト1回)で、球数が40球。それとは別に3つの「ボーナスアウト」が用意されており、本塁打以外をすべてアウトとカウントして、3アウトになるまでスイングを続けることができる。ボーナス期間中に飛距離425フィート(約130メートル)以上の本塁打を放つと、4つ目の「ボーナスアウト」が追加されるルールとなっている。決勝のみ制限時間2分、球数は27球で、ボーナスのルールは1回戦・準決勝と同様となっている。フォームの始まり 出場選手 ガナー・ヘンダーソン(ボルティモア・オリオールズ) 今季の本塁打数:27本 今季の最長飛距離本塁打:131メートル 2023年に28本のホームランを打ち新人王を獲得。今季もその勢いを持続し、すでに昨年の本数に追いつく勢いだ。 ピート・アロンソ(ニューヨーク・メッツ) 今季の本塁打数:18本 今季の最長飛距離本塁打:136メートル 2019年以降5年連続の出場(コロナ禍で行われなかった2020年は除く)。2019年と2021年に優勝しているアロンソは、もし今年も優勝すれば、ケン・グリフィーJrと並び史上最多となる。 アレク・ボーム(フィラデルフィア・フィリーズ) 今季の本塁打数:11本 今季の最長飛距離本塁打:130メートル ホームラン数こそ多くないが、パワーヒッターのボーム。今季11本塁打のうち、4本は126メートル以上飛ばしている。 ボビー・ウィットJr.(カンザスシティ・ロイヤルズ) 今季の本塁打数:15本 今季の最長飛距離本塁打:143メートル 2023年に球団史上初の30本塁打、30盗塁を記録してブレーク。今年もさらに成績を伸ばし、初のオールスター選出を果たした。父親は、元MLB投手で142勝をマークしたボビー・ウィット。 マルセル・オズナ(アトランタ・ブレーブス) 今季の本塁打数:24本 今季の最長飛距離本塁打:136メートル ホームランダービー初出場のオズナは、2023年に初めて40本塁打に到達。今季もその大台に乗せるチャンスは十分にある。 ホセ・ラミレス(クリーブランド・ガーディアンズ) 今季の本塁打数:23本 今季の最長飛距離本塁打:133メートル 12年目にして初のシーズン40本塁打が視野に入っている31歳の大砲。2022年以来2度目のホームランダービーの舞台に立つ。

MLB

今季からロサンゼルス・ドジャースに加入してメジャー6年目を迎えた大谷翔平。右ひじ手術の影響で打者に専念する今季だが、昨季に続く本塁打王はもちろんのこと打率、打点などのタイトル奪取が期待される。ここでは、大谷の今季成績や活躍をまとめる。(※表記は日本時間。随時更新) 野球の勝敗予想&オッズはこちらでチェック 大谷翔平の2024シーズン打撃成績(2024年7月15日時点) 打率:.316(2位) 打点:69(3位) 本塁打:29(1位) 盗塁:23(3位タイ) *()内はリーグ順位 7月15日(月) 敵地のデトロイト・タイガース戦に1番・DHで先発出場し4打数2安打の成績だった。オープナーのボー・ブリスケと対戦した初回の第1打席はセンターライナー。2番手の左腕タイラー・ホルトンと対戦した3回の第2打席は、右直に倒れた。そして、5回二死ランナーなしで迎えたこの日3度目の打席。中継ぎに転向した前田健太に対し、ショート強襲の内野安打をマーク。しかし、次打者の時に二盗を試みるも捕手に刺されて今季3度目の失敗。8回二死走者なしで立った第4打席は、救援左腕アンドルー・チェフィンから右前打を放ち、2戦連続のマルチ安打を記録した。 7月14日(日) 敵地のデトロイト・タイガース戦に1番・DHで先発出場し4打数2安打、1本塁打、2打点の成績だった。先発右腕ケイデル・モンテロと対戦した初回にいきなり今季4本目の三塁打で出塁すると、3番フレディ・フリーマンのファーストゴロの間に先制のホームを踏んだ。3回無死1塁の場面では空振り三振。2-2の同点で迎えた5回の打席では、モンテロが投じた2球目をライトスタンドへ運ぶ6試合ぶりの今季29号でメジャー通算200号本塁打の大台に到達した。6回無死1、3塁ではセカンドゴロの間に三塁走者が生還し、この日2打点目を記録した。先頭で迎えた8回の第5打席では、代わったばかりの救援左腕アンドルー・チェフィンから四球を選んで出塁し、次打者の時に二盗を成功。テオスカー・ヘルナンデスの安打で三進し、3番フリーマンの犠飛でチーム9点目のホームを踏んだ。9-9の同点で突入したタイブレークの10回一死2塁の場面では、申告敬遠で勝負を避けられた。 7月13日(土) 敵地のデトロイト・タイガース戦に1番・DHで先発出場し5打数1安打、1打点の成績だった。先発左腕タリク・スカバルの前に初回からサードゴロ、センターフライ、レフトフライと良いところなし。8回一死走者なしで迎えた第4打席は、救援右腕ボー・ブリースケと対戦し、フルカウントから外角のチェンジアップにタイミング合わずに空振り三振に倒れた。同点で迎えた9回二死1、3塁で迎えた第5打席は、左腕タイラー・ホルトンから勝ち越しの適時二塁打を放った。 7月12日(金) 敵地のフィラデルフィア・フィリーズ戦に1番・DHで先発出場して4打数ノーヒットで5試合ぶりに無安打に終わった。今季すでに10勝をマークしている先発右腕アーロン・ノラと対戦し、初回の第1打席はライトフライに凡退。2回一死満塁の絶好機ではカウント1-2からのナックルカーブにバットが空を切った。5回の第3打席も三振。7回二死1塁の場面で迎えた第4打席は2番手の左腕マット・ストラームと対戦し、バットが折られてセカンドゴロに打ち取られた。 7月11日(木) 敵地のフィラデルフィア・フィリーズ戦に1番・DHで先発出場して、4打数2安打、1打点、1盗塁の成績だった。初回の第1打席は、先発左腕クリストフェル・サンチェスと対戦し初球をたたいて右前打で出塁。二死後に4試合連続の盗塁を成功させた。3回二死走者なしで迎えた第2打席はショートゴロに凡退。1点を追う5回一死1、3塁の好機で立った第3打席は、試合を振り出しに戻すセンターへの適時打を放ち3試合ぶりの打点を記録した。2点を追う7回一死1、3塁で迎えた第4打席は、代わったばかりの救援左腕マット・ストラームの前に三振に倒れた。 BeeBetの会員登録はこちら 7月10日(水) 敵地のフィラデルフィア・フィリーズ戦に1番・DHで先発出場し2打数1安打、1盗塁の成績だった。今季のオールスターに選出され2021年から3年連続2けた勝利を続けている先発右腕ザック・ウィーラーと対戦した初回の第1打席は空振り三振に倒れたが、3回一死走者なしで迎えた第2打席はレフトへのヒットで3試合連続安打を記録。一死後には今季21個目の盗塁を成功させた。5回の第3打席はストレートの四球で出塁。8点差と大差がついた7回の打席では、代打を送られてベンチに退いた。 7月8日(月) ホームのミルウォーキー・ブリュワーズ戦に1番・DHで先発出場し4打数1安打、2盗塁の成績だった。2015年のサイ・ヤング賞左腕ダラス・カイケルと対戦し、初回の第1打席はセカンドゴロ。3回一死走者なしで迎えた第2打席は、中前打を放ち、一死後に二盗成功すると、さらに4番打者の時には三盗も決めた。大谷のマルチ盗塁は5月22日以来今季2度目で、シーズン20盗塁は2年連続3度目。4回二死1、2塁で迎えた3度目の打席はセカンドゴロに凡退した。2番手の右腕ジェーコブ・ジュニスと対戦した6回一死走者なしで迎えた第4打席は、見逃し三振。9回に先頭で迎えたこの日5度目の打席では、守護神トレバー・メギルと対戦し、カウント0-2から落ちる球にバットが止まらず三振に終わった。 7月7日(日) ホームのミルウォーキー・ブリュワーズ戦に1番・DHで先発出場し、2打数2安打、1本塁打、1打点の成績だった。初回の第1打席は、先発フレディ・ペラルタから四球を選ぶと、2回二死ランナー無しの場面で立った第2打席は死球で出塁し、次打者の時に今季18個目の盗塁となる二盗を成功させた。4回一死1、2塁で迎えた第3打席も四球だった。6回二死走者なしで迎えた第4打席は、今季4本目となる三塁打を記録。チームが1点を勝ち越した8回一死走者なしで立ったこの日5度目の打席では、防御率1点台の救援左腕ブライアン・ハドソンから右中間スタンドへ運ぶ今季28号本塁打を放った。大谷のホームランは、7月3日アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦以来4試合ぶり。 7月6日(土) ホームのミルウォーキー・ブリュワーズ戦に1番・DHで先発出場し、5打数ノーヒットに終わり2試合連続でバットから快音が聞かれなかった。初回から先発右腕アーロン・シベルの前に3打席連続三振。7回一死走者なしで迎えたこの日4度目の打席では救援左腕ブライアン・ハドソンの前にレフトライナーに凡退した。同点の8回一死1、2塁で迎えた第5打席はファーストゴロに倒れるも、ランナーを進塁させる最低限の仕事を果たした。 7月5日(金) ホームのアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に1番・DHで先発出場し、3打数無安打、1盗塁の成績だった。3試合ぶりにノーヒットに終わった大谷は、打率トップから陥落した。初回の第1打席は、先発右腕ザック・ゲーレンから四球を選び出塁。次打者のヒットで二進し、二死後に今季17個目の盗塁となる三盗を成功させた。先頭で迎えた3回の打席は、空振り三振に倒れた。チームが1点差に迫り、なおも二死2塁のチャンスで迎えた4回の第3打席は、真ん中やや高めのストレートに手が出ず三振に倒れた。7回の第4打席は、22歳の右腕ジャスティン・マルティネスと対戦し、フルカウントからのスプリットにバットが空を切り、この日3つ目の三振を喫した。 7月4日(木)