BeeBet Times

【6/7見どころ】読売ジャイアンツ対オリックス・バファローズ

読売ジャイアンツとオリックス・バファローズの一戦が7日に東京ドームで行われる。巨人は戸郷翔征、オリックスは東晃平が先発予定となっている。

野球の勝敗予想&オッズはこちらでチェック

7日からスタートする巨人対オリックスの3連戦。巨人は4カード連続勝ち越し中で、交流戦に限って言えば3カード連続で勝ち越して6勝3敗の3位につけている。一方のオリックスも、横浜DeNAベイスターズ3連戦で5カードぶりの勝ち越しを決めた。今カードは勢いあるチーム同士の戦いで見ごたえがありそうだ。

巨人先発予定の戸郷は、5月24日の阪神タイガース戦で無安打無得点試合を記録した次の同31日西武ライオンズ戦でも7回1失点で今季5勝目を挙げるなど絶好調だ。巨人は、戸郷が先発で勝ちがついたカードをすべて勝ち越しているだけに、3連戦の初戦を任されるエースは、チームに勢いをもたらすためにも責任重大だ。打線では、丸佳浩に注目する。開幕当初からなかなか調子が上がらなかった丸は、5試合連続安打で打率を3割に乗せてきた。昨年6月8日のオリックス戦では代打満塁本塁打を放ったように、相性の良さが今年も出るか。

一方のオリックスは、東が先発マウンドに上がる。育成ドラフトから這い上がってきた24歳の右腕は、今季7試合の先発登板で1勝3敗ながら防御率2.66をマーク。今季初登板だった4月12日以来勝ち星から見放されているので、そろそろ2勝目をつかみ浮上のきっかけをつかみたいところだ。バッターでは、昨季首位打者に輝きながら、今季ここまで打率.200と低迷している頓宮裕真の覚醒に期待したい。

BeeBetのオッズ(日本時間6月7日1時時点)は、巨人の勝利(延長含む)が「1.70」倍に対し、オリックスのそれが「2.05」倍と巨人がやや優勢とみられている。得点ハンディキャップは1.5に設定され、その場合、オリックスの勝利(延長含む)が「1.42」倍で、巨人の勝利(延長含む)の「2.70」倍を人気で上回っている。ちなみに、昨年の同カードで戸郷が先発した試合は、10-0で巨人が圧勝した。

BeeBetの会員登録はこちら

最近のニュース