BeeBet Times

【6/6見どころ】阪神タイガース対東北楽天ゴールデンイーグルス

阪神タイガースと東北楽天ゴールデンイーグルスの一戦が6日に阪神甲子園球場で行われる。先発予定は、阪神が西勇輝、楽天が藤井聖。

野球の勝敗予想&オッズはこちらでチェック

前日のカード2戦目は、楽天が9回に小郷裕哉の2ランが飛び出し逆転勝ち。楽天は交流戦3カード連続で勝ち越しを決めた。その一方で、阪神は4試合連続で2得点以下と貧打線にあえぎ、今カードは対照的な両チームの戦いとなっている。

阪神は、西に連敗ストッパーを託す。西は前回登板が4回4失点で負け投手となったが、防御率1.62とそう簡単には崩れない。西が粘りの投球で相手に先に点を取られず、打線の奮起を待ちたい。打線では、前日の試合で1番中野拓夢と2番前川右京で計6度出塁し、3番森下翔太も2安打を放つも、4番近本光司がチャンスでことごとく凡退する大ブレーキだった。サッカーではないけど、得点はケチャップみたいなもので、出ない時は出ないけど、出る時はドバドバ出る。阪神は、この瞬間をじっと待ちたいところだ。

対する楽天は、交流戦で勢いづいている。横浜DeNAベイスターズ、東京ヤクルトスワローズ、阪神との3連戦を3カード連続で勝ち越し。交流戦6勝2敗でソフトバンクホークスとともに首位を走っている。好調の要因は、打率.271、防御率2.73と攻守の歯車がかみ合っているところだろう。特に打線では小深田大翔が打率.393と4割近く打ち、小郷も3割5分3厘と1番でチャンスメイクしている。打線が線になっていて繋がりが生まれ、リズムよく攻撃ができている。先発予定の藤井は、左腕から繰り出す鋭いスライダーを武器に自身3連勝中。今季は最長で5回までしか投げていないので、少しでも長いイニングをマウンドに立っていたい。

BeeBetのオッズ(日本時間6月6日8時26分時点)は、阪神の勝利(延長含む)が「1.62」倍に対し、楽天のそれが「2.20」倍。阪神は、ここ10試合で2勝8敗と調子を落としているが、BeeBetでは阪神が優勢とみられている。

BeeBetの会員登録はこちら

最近のニュース