BeeBet Times

パドレスのダルビッシュ有が日米通算200勝|200勝投手まとめ

サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手が日本時間20日のアトランタ・ブレーブス戦で今季4勝目(1敗)を手にして、メジャー通算107勝目をマーク。日本プロ野球時代の93勝と合わせて、日米通算200勝の大台に到達した。日米通算200勝は野茂英雄、黒田博樹に次いで史上3人目。日本プロ野球の200勝は過去24人が達成している。ここではダルビッシュの軌跡と200勝投手を一覧でまとめる。

東北高校出身のダルビッシュは、2004年のドラフトで北海道日本ハムファイターズから1位指名を受けて入団。1年目に5勝を挙げると、2年目には12勝5敗、防御率2.89で一気に頭角を現す。その後も2011年まで6年連続二けた勝利をマークし、防御率は5年連続で1点台と日本球界では無双の活躍をした。

日本での実績を引っ提げて、2011年オフにポスティングシステムでメジャー挑戦。翌年の1月に交渉権を獲得したテキサス・レンジャーズと総額6000万ドル(当時のレートで約46億円)の6年契約を締結した。日本時間4月10日のシアトル・マリナーズ戦でデビューの先発マウンドに上がると、5失点ながらも打線の援護を受けてメジャー初先発初勝利をマーク。その後も勝ち星を積み重ねて16勝9敗の成績でメジャー1年目を終えた。

デビューイヤーから3年連続で2けた勝利を記録したダルビッシュは、2017年シーズン途中に期限ギリギリの電撃トレードでロサンゼルス・ドジャースへ移籍。翌2018年からはシカゴ・カブスでプレーし、コロナウイルスの影響でシーズンが60試合に短縮された2020年には8勝3敗、防御率2.01の成績でサイ・ヤング賞の次点にランクインした。そのオフに、2対5の大型トレードでパドレスへ移籍した。

2021年には8勝に終わるも、2022年には5年ぶりの2けた勝利となる16勝(8敗)をマークして見事復活を果たしたダルビッシュ。2023年には8勝を挙げて、日米通算200勝まで残り4勝で2024年のシーズンに突入した。開幕から先発した5試合で白星に見放されたダルビッシュだったが、今季初勝利を挙げた5月1日のシンシナティ・レッズ戦から3連勝を飾り、迎えた19日のブレーブス戦は雨天中止。それでも気持ちを切らさずに翌日のスライド登板では、7回2安打無失点、9奪三振の快投で快挙を達成した。

200勝投手一覧

達成順 氏名 所属 達成日
1 スタルヒン パシフィック 1946.10.20
2 若林 忠志 阪 神 1947.11.3
3 野口 二郎 阪 急 1948.9.3
4 別所 毅彦 巨 人 1954.6.5
5 中尾 碩志 巨 人 1955.8.11
6 藤本 英雄 巨 人 1955.10.11
7 杉下 茂 中 日 1957.10.23
8 金田 正一 国 鉄 1958.6.6
9 稲尾 和久 西 鉄 1962.8.25
10 小山 正明 東 京 1964.8.13
11 米田 哲也 阪 急 1966.8.14
12 梶本 隆夫 阪 急 1967.6.6
13 皆川 睦男 南 海 1968.10.6
14 村山 実 阪 神 1970.7.7
15 鈴木 啓示 近 鉄 1977.4.26
16 堀内 恒夫 巨 人 1980.6.2
17 山田 久志 阪 急 1982.4.29
18 江夏 豊 日本ハム 1982.7.2
19 平松 政次 大 洋 1983.10.21
20 東尾 修 西 武 1984.9.15
21 村田 兆治 ロッテ 1989.5.13
22 北別府 学 広 島 1992.7.16
23 工藤 公康 巨 人 2004.8.17
24 野茂英雄 ブリュワーズ 2005.6.15
25 山本昌 中 日 2008.8.4
26 黒田博樹 広島 2016.7.23
27 ダルビッシュ有 パドレス 2024.5.20

最近のニュース