笹生優花、古江彩佳、畑岡奈紗、山下美夢有、渋野日向子ら日本勢12名が出場|KPMG全米女子プロゴルフ選手権2024|見どころ・予想オッズ

ゴルフ

女子ゴルフメジャー第3戦のKPMG全米女子プロゴルフ選手権が、日本時間20日から4日間にわたり米ワシントン州のサハリーカントリー・クラブで行われる。日本人は、総勢12名が参戦する。

全米女子プロゴルフ選手権の勝敗予想&オッズはこちらでチェック

白熱するパリ五輪日本代表争い

全米女子プロゴルフ選手権後のオリンピックゴルフランキングでパリ五輪代表争いに決着がつく。そのため、今大会は日本代表を巡る争いがかなりの熱を帯びそうだ。パリ五輪の出場枠は60で、世界ランキング上位15名なら同じ国からでも4人が出場可能。世界ランキング16位以下なら同国から2名までが出場可能だ。現時点の日本代表争いは、先日の全米女子オープンを制した世界ランキング6位の笹生優花がほぼ確定。それに続くのが、同20位の古江彩佳、同21位の畑岡奈紗、同22位の山下美夢有が僅差で競っている。さらに、36位の岩井明愛、42位の竹田麗央、45位の小祝さくら、47位の岩井千怜も迫っており、日本代表争いは最後の最後まで予想がつかない状態となっている。

古江が日本勢1番人気、全体でも3番手

BeeBetの優勝予想オッズ(2024年6月19日13時45分時点)は、古江が「18.00」倍で日本勢の1番人気。古江は、全体でも世界ランキング1位ネリー・コルダ、21歳のアタヤ・ティティクルに続く3番人気となっている。さらに山下と畑岡が「36.00」倍で、笹生と竹田が「46.00」倍で続いている。なお、全米オープン2位と復調気配の渋野日向子は、「96.00」倍となっている。

日本代表争いで2番手につける古江は、全米女子オープン6位後のショップライトLPGAクラシックで2位に入ると、続くマイヤーLPGAクラシックでも8位と2戦連続でトップ10以内に入り好調を維持。今季初勝利をメジャー初制覇で飾るか注目だ。

日本代表争いで3番手に落ちた東京五輪日本代表の畑岡は、悲願のメジャー初制覇で逆転の代表入りを目指す。今季は13戦消化して、トップ10入りはわずかに2度。44位に終わった全米女子オープン後のショップライトLPGAクラシックでは、ボールを探しの時間超過で失格になるなど負のスパイラルから抜け出せない。しかし、全米女子プロゴルフは、2018年に2位に入るなど過去3度トップ5以内でフィニッシュした相性の良い大会。先週をスキップした畑岡は、心身ともにリフレッシュした状態で大舞台に挑む。

米ツアーを主戦場とする古江と畑岡と比べ、国内ツアーをメインに戦っている山下。それでも、シェブロン選手権が17位、全米女子オープンも12位と海外メジャーで安定した成績を残している。昨年の国内女子ツアー賞金女王が、今季メジャー3戦目で国内外通じての今季初勝利を狙う。

海外勢は世界ランキング1位のネリー・コルダが優勝候補筆頭

海外勢は世界ランキング1位のネリー・コルダが優勝候補1番手。25歳の東京五輪金メダリストは今季、出場大会5試合連続で優勝するなど絶好調だった。しかし、全米オープンでまさかの予選落ちをすると、続くマイヤーLPGAクラシックでも予選でカット。失意の女王が、3年前に制した大会で巻き返しを狙う。

昨年にメジャー2勝を挙げた世界ランキング2位リリア・ヴは、腰のけがで戦線離脱していたが、6月の復帰戦でいきなり優勝を飾り完全復活を印象付けた。BeeBetの優勝予想オッズ(2024年6月19日13時45分時点)では、古江に次ぐ「23.00」倍で4番人気となっている。その他の海外勢では、コルダの6連勝を阻止した21歳のローズ・チャンが「29.00」倍、全米女子オープン3位のアリー・ユーイングが「30.00」倍と人気を集めている。

BeeBetの会員登録はこちら

大会概要

  • 大会名称:KPMG全米女子プロゴルフ選手権 (欧文名:2024 KPMG Women’s PGA Championship)
  • コース:サハリーカントリー・クラブ (米国ワシントン州サマミッシュ/総距離:6754ヤード/パー72)
  • 日程:2024年6月20日(木)~23日(日)(各日終了時間は日本時間6月21日朝~24日朝)
  • 日本との時差:-16時間/日本では翌日深夜から朝までの競技時間となる

放送予定(テレビ中継・インターネット配信)・視聴方法

WOWOW/WOWOオンデマンド 放送・配信予定

  • 大会初日:6月21日(金) 5:00~11:15 (初回無料放送・配信)
  • 大会2日目:6月22日(土) 5:00~11:15
  • 大会3日目:6月23日(日) 2:00~9:30
  • 大会最終目:6月24日(月) 1:00~9:00

※終了時間変更の可能性あり

主な出場選手

*6月17日現在

日本

  • 稲見萌寧
  • 岩井明愛
  • 岩井千怜
  • 勝みなみ
  • 西郷真央
  • 笹生優花
  • 渋野日向子
  • 竹田麗央
  • 西村優菜
  • 畑岡奈紗
  • 古江彩佳
  • 山下美夢有

(五十音順)

日本勢以外の主な出場選手

・過去の全米女子プロゴルフ選手権優勝者

  • イン・ルオニン (中国)
  • ネリー・コルダ(アメリカ)
  • キム・セヨン(韓国)
  • ハナ・グリーン(オーストラリア)
  • ダニエル・カン(アメリカ)
  • ブルック・ヘンダーソン(カナダ)
  • ヤニ・ツェン(台湾)
  • クリスティ・カー(アメリカ)
  • アンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)

・メジャー大会優勝者

  • リリア・ヴ(アメリカ)
  • ジェニファー・カップチョ(アメリカ)
  • パティ・タバタナキット(タイ)
  • アリセン・コルプーズ(アメリカ)
  • ミンジ・リー(オーストラリア)
  • キム・アリム(韓国)
  • イ・ジョンウン(韓国)
  • セリーヌ・ブティエ(フランス)
  • コ・ジンヨン(韓国)
  • アシュリー・ブハイ(南アフリカ)
  • ソフィア・ポポフ(ドイツ)

ほか

※試合開催・放送予定は主催者・放送局の都合により変更になる場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

BeeBetの会員登録はこちら

SNS

BeeBet Sportsでもっと見る

野球

読売ジャイアンツと阪神タイガースによる3連戦の第2戦が16日に東京ドームで行われる。伝統の一戦の第2ラウンドは、巨人が山﨑伊織、阪神は才木浩人が先発マウンドに上がる予定となっている。 野球の勝敗予想&オッズはこちらでチェック 15日の3連戦初戦は、阪神が先発ビーズリーの好投で2-0と先勝。首位の巨人に0.5ゲーム差に肉迫した。第2戦も好投手による投げ合いなので、1点を争う好ゲームとなりそうだ。 連敗中の巨人は、防御率(1.69)がチームトップの山﨑に連敗ストップを託す。ここまで6勝を挙げている25歳の右腕は、4月16日の阪神戦に先発登板して7回1失点のナイスピッチング。勝ち星こそつかなかったが、昨季の新人王とMVPに輝いた村上頌樹と互角に投げ合った。打線は20イニング無得点と湿りがちなだけに、山﨑は目下9試合連続でクオリティスタート(6回以上を投げて自責点3以内)を続けている安定感を武器に、チームを連敗脱出に導きたい。 一方の阪神は、2連勝と勢いに乗る。先発予定の才木はここまで8勝を挙げ、すでにシーズン自己最多だった昨季の勝ち星に並んでいる。防御率1.12でセ・リーグ2位の25歳右腕は、今季の巨人戦では3試合に先発登板して1勝0敗、防御率0.98とめっぽう強く、今回の登板でキャリアハイの9勝目を目指す。打撃陣では、佐藤輝明、大山悠輔の中軸に当たりが戻ってきたのは心強い。 BeeBetのオッズ(2024年7月16日11時26分時点)は、巨人の勝利(延長含む)が「1.83」倍に対し、阪神の勝利(延長含む)が「1.87」倍となっており人気が拮抗している。 BeeBetの会員登録はこちら

サッカー

南米サッカー連盟主催で、世界最古のナショナルチームによる世界選手権と知られるコパ・アメリカが日本時間6月21日に開幕する。48回目を迎える今大会は、南米サッカー連盟(CONMEBOL)に所属するブラジルやアルゼンチンなど10か国と北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)に所属するメキシコ、アメリカなど6か国を合わせた計16か国で王座を競う。ここでは、全試合の日程、対戦カード、結果、順位表をまとめる。 コパ・アメリカの勝敗予想&オッズはこちらでチェック ※日時はすべて日本時間。 【グループステージ】 〈グループA〉 順位表 順位 チーム 勝 分 負 得 失 差 勝点 1 アルゼンチン 3 0 0 5 0 5 9 2 カナダ 1 1 1 1

サッカー

コパ・アメリカ2024では、多くの優れたアタッカーが出場する。彼らは自国を栄光へと導こうと貪欲にゴールを狙うため、多くの得点シーンが生まれるだろう。リオネル・メッシ(アルゼンチン)、ビニシウス・ジュニオール(ブラジル)、ルイス・スアレス(ウルグアイ)、エドゥアルド・バルガス(チリ)など、決定力のある超一流フォワードが数多く出場する。 コパ・アメリカの勝敗予想&オッズはこちらでチェック メッシは2021年のコパ・アメリカで4ゴールを決め、さらに5アシストを記録。アルゼンチンがタイトルを獲得した際にゴールデンブーツ賞に選ばれた。48回目を迎える今大会は、果たして誰がゴールデンブーツの栄誉を手にするのか。 得点数が並んだ場合はどうなる? 現在のCONMEBOL(南米サッカー連盟)の規程によると、得点数が並んだ場合、最もプレー時間の少ない選手が優先される。それでも決まらない場合は、ノックアウトステージで最も多く得点した選手に授与される。それでも同じ場合は、最終的にCONMEBOLの競技および運営部門による抽選で決められる。 歴代得点王の一覧 年 選手 得点 2024 ラウタロ・マルティネス 5 2021 リオネル・メッシ 4 2019 エヴァートン・ソアレス 3 2016 エドゥアルド・バルガス 6 2015 パオロ・ゲレーロ/エドゥアルド・バルガス 4 2011 パオロ・ゲレーロ 5 2007 ロビーニョ 6

MLB

オールスター前日に行われるホームランダービー。球宴を彩るアーチストたちの競演は、日本時間16日にテキサス・レンジャーズの本拠地グローブライフ・フィールドで開催される。各リーグ本塁打トップの大谷翔平(ロサンゼルス・ドジャース)とアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)は欠場するが、総勢8名の強打者が参戦する。 MLBの勝敗予想&オッズはこちらでチェック ホームランダービーのルールは? 今年のホームランダービーは通常とは異なるフォーマットで開催される。出場選手8名に変わりはないが、1回戦は全8選手が同じ持ち時間で本数を競う。上位4名が準決勝に進出し、準決勝からはトーナメント形式となる。準決勝のシード順は1回戦のホームラン数によって決定され、同数の場合は1回戦の最長飛距離によって順位が決められる。 1回戦と準決勝は制限時間3分(タイムアウト1回)で、球数が40球。それとは別に3つの「ボーナスアウト」が用意されており、本塁打以外をすべてアウトとカウントして、3アウトになるまでスイングを続けることができる。ボーナス期間中に飛距離425フィート(約130メートル)以上の本塁打を放つと、4つ目の「ボーナスアウト」が追加されるルールとなっている。決勝のみ制限時間2分、球数は27球で、ボーナスのルールは1回戦・準決勝と同様となっている。フォームの始まり 出場選手 ガナー・ヘンダーソン(ボルティモア・オリオールズ) 今季の本塁打数:27本 今季の最長飛距離本塁打:131メートル 2023年に28本のホームランを打ち新人王を獲得。今季もその勢いを持続し、すでに昨年の本数に追いつく勢いだ。 ピート・アロンソ(ニューヨーク・メッツ) 今季の本塁打数:18本 今季の最長飛距離本塁打:136メートル 2019年以降5年連続の出場(コロナ禍で行われなかった2020年は除く)。2019年と2021年に優勝しているアロンソは、もし今年も優勝すれば、ケン・グリフィーJrと並び史上最多となる。 アレク・ボーム(フィラデルフィア・フィリーズ) 今季の本塁打数:11本 今季の最長飛距離本塁打:130メートル ホームラン数こそ多くないが、パワーヒッターのボーム。今季11本塁打のうち、4本は126メートル以上飛ばしている。 ボビー・ウィットJr.(カンザスシティ・ロイヤルズ) 今季の本塁打数:15本 今季の最長飛距離本塁打:143メートル 2023年に球団史上初の30本塁打、30盗塁を記録してブレーク。今年もさらに成績を伸ばし、初のオールスター選出を果たした。父親は、元MLB投手で142勝をマークしたボビー・ウィット。 マルセル・オズナ(アトランタ・ブレーブス) 今季の本塁打数:24本 今季の最長飛距離本塁打:136メートル ホームランダービー初出場のオズナは、2023年に初めて40本塁打に到達。今季もその大台に乗せるチャンスは十分にある。 ホセ・ラミレス(クリーブランド・ガーディアンズ) 今季の本塁打数:23本 今季の最長飛距離本塁打:133メートル 12年目にして初のシーズン40本塁打が視野に入っている31歳の大砲。2022年以来2度目のホームランダービーの舞台に立つ。