BeeBet Times

全米プロゴルフ選手権の予想

106回目を迎える全米プロゴルフ選手権が日本時間16日に米ケンタッキー州ルイビルのバルハラ・ゴルフクラブで開幕した。最後にバルハラ・ゴルフクラブで全米プロゴルフ選手権を開催したのは2014年で、その年はロリー・マキロイが優勝した。

BeeBetの会員登録はこちら

バルハラ・ゴルフクラブは、全米プロゴルフ選手権を開催するのがこれで4回目。過去の優勝者にはマーク・ブルックス(1996年)、タイガー・ウッズ(2000年)、そして前述のマキロイ(2014年)が名を連ねる。

全米プロゴルフ選手権のコンディションと勝者のトレンド

湿った状況と厄介な雨は、おそらくコースの1/3でプレイヤーたちを悩ませるだろう。競技者は、変わりゆくコンディションに柔軟に対応する必要があり、そんな不安定な天候がメジャー大会の難しさを増幅させる。

世界ランキング1位で4月のマスターズを制したスコッティ・シェフラーは、そんな状況でも動じないだろう。メジャー連続制覇に向けてしっかりと準備が整っているように見える。シェフラーに最終的に勝つためには、ゴルファーはすべてのスキルを完璧に発揮し、最終日には彼を見据えなければならない。

柔らかくて距離があり、標高の変化があるこのコースでは、飛距離とボールスピードが求められる。さらに、正確さも重要になる。これはメジャー大会であり、バルハラにはわずか23エーカーのフェアウェイしかなく、広大なラフが広がる。4インチ以上と芝足が長く湿り気がある密集した均一な草がすべての着地エリアを囲み、ティショットやアプローチショットが荒れた場合にトラブルを引き起こす。故に、飛ばし屋がここでの勝者になりやすい。

クウェイルホロー、オーガスタナショナル、トーリーパインズ、ミュアフィールド・ビレッジGCのように、勝つためにはロングアイアンの技術が必要になる。ウッズが20年間教えてくれたように、これがトーナメントを勝ち抜く方法だ。アイアンショットの3分の2は、175ヤード以上の飛距離を要する。さらに、小さいグリーンを制することも、このスキルでライバル達に差をつけることができる。さらに、ゾイシアグラスのフェアウェイもアプローチに影響する。

パッティングも、勝つためには重要なスキルだ。2014年には、トップ10のうち7人が、パット数で大会上位12人以内に入っていた。飛距離の次にパッティングが、勝者と最も相関のある特徴だった。もしシェフラーがパットでつまずけば、他者には彼を打ち負かすチャンスが生まれる。

11のパー4のうち、7つが460ヤード以上で、3つは415ヤード未満。長短のパー4両方でスコアを出せる能力は今大会を勝つためには必須だ。2014年のトップ10を調べると、その12人の選手(タイ含む)は、パー4で平均して8ストロークを稼いでいた。優勝スコアは10アンダー前後になると考えられるので、すべてのタイプのパー4で成果を上げることは大きなスコアリングアドバンテージになる。

全米プロゴルフ選手権はその後、哲学を変えた。出場選手は、2014年、2000年、または1996年よりもパーをセーブする必要がある。ボギーを回避することが、この選手権を勝ち抜く重要な要素となる。巧みなショートゲームプレイヤーは、パーをセーブするだけでなく、パー5や短いパー4でもスコアを出してくる。

バルハラ・ゴルフクラブのコース説明

バルハラ・ゴルフクラブは1996年にブルックスが勝利したときはパー72、全長7,144ヤードのレイアウトだった。しかし、今回の公式スコアカードはパー71、全長7,609ヤードだ。ブルックス以外では、バルハラの他の2人の優勝者も当時最も飛ばすプレイヤーだった。大会の舞台となるルイビルでは5月に2インチ以上の雨が降り、今週もさらに1〜2インチの降雨が予想されている。長く、厚く、密集したラフは、ショットに大きな影響を与える。

予選を通過する最良の手段は、できるだけ深いラフからボールを遠ざけること。今大会には前年覇者のブルックス・ケプカ、前週優勝のマキロイ、世界ランク1位のシェフラーは、好調な状態で大会に入っている。3人が調子良い中で、他者に勝つチャンスはあるのだろうか。天候状況とコース条件を考えると、その答えはイエスだと信じる。グリーンは再整備されベントグラスを維持しているが、フェアウェイはゾイシアグラスに移行した。この美しいボールストライキングのブレンドは、雨と湿気を処理するのに非常に優れている。2014年のマキロイは非常に柔らかい条件に悩まされた。

似たようなコースの比較としては、セントルイスのベラリーブとメンフィスのTPCサウスウィンドがある。どちらもゾイシアフェアウェイを持ち、ベラリーブはベントグラスグリーンも持っている。バルハラに降った雨を考慮すると、フェアウェイには少し弾力があるが、柔らかいゴルフコースは競技者の助けになるだろう。季節的な気温と低い風の条件は、好スコアを出しやすい。そのため、前述の3人は、コースが硬く速い場合よりも差をつけるのが難しくなる。

ここバルハラは、PGAツアーで3番目に長いコースだけでなく、3番目に小さいグリーンを持つコース。極端な長さと非常に小さなグリーンの組み合わせは、出場者にとって厳しい挑戦となる。さらに、60のバンカーと、ルイビル東部の丘を登り降りする間に水が絡む7つのホールが待ち受ける。多数のアップアンドダウンのアプローチショットが、キャリー距離と着地点の見積もりを求められるだろう。

BeeBetの会員登録はこちら

最近のニュース