BeeBet Times

2024年のパウンド・フォー・パウンドを制するのは井上尚弥か、クロフォードか?

スーパーバンタム級のアンディスピューテッド・チャンピオン井上尚弥は、パウンド・フォー・パウンド(PFP)最高峰のボクサーなのか。

5月6日(月・祝)、日本が世界に誇るチャンピオンが東京ドームで迎えるルイス・ネリとの世界スーパーバンタム級4団体統一タイトルマッチが近づくにつれ、ボクシング・ファンの間ではこの議論が再燃することになるだろう。

最新の勝敗予想&オッズはこちらでチェック

PFPのトップファイターを選ぶのは、言ってみれば自分の一番好きな色やお気に入りのレストランを選ぶようなものだ。最終的には好みの問題になってしまう。過去10年間で言えば、フロイド・メイウェザーが階級を問わず世界最高のボクサーと考えられてきた。しかし、それをマニー・パッキャオのファンの前で口にすれば、反論されるに違いない。それもかなり強烈に、だ。

現在のPFPのランキングでは、井上を推すか、ウェルター級王者のテレンス・クロフォードを推すか、ファン・専門家の間でも意見が分かれるところだろう。

  • 両者ともに無敗を維持している
  • 両者ともに優れたテクニックを持っている
  • 両者ともに複数の階級で王座に就いている
  • 両者ともに2階級のアンディスピューテッド・チャンピオンに輝いている

はっきり言って、井上とクロフォードの上に出るものはいない。そこで、ここでは、『モンスター』井上尚弥が今日のボクシング界最高のボクサーであるという意見を、名門『The Ring』誌(リングマガジン)の元編集人で、現本誌格闘技部門副編集長のトム・グレイが検証する。

井上尚弥は世界最高峰のPFPファイターか?

2023年に階級を上げ、4階級制覇を果たした今、井上の凄さを過小評価することは難しい。

しかしながら、現時点では『リングマガジン』では世界最高峰のPFPファイターはテレンス・クロフォードという評価で固まっている。

2023年7月、『バド』はエロル・スペンスJr.を相手に圧巻の9ラウンドTKO勝利を飾り、ウェルター級のアンディスピューテッド・チャンピオンとなった。このアメリカ人チャンプは何年も期待されてきたスーパーファイトでセンセーショナルなパフォーマンスを披露し、その戦績を40勝0敗に伸ばした。

一方の井上(26勝0敗、23KO)もまた、スティーブン・フルトン、マーロン・タパレスを破り、スーパーバンタム級のアンディスピューテッド・チャンピオンになるという素晴らしい一年を送った。それでもクロフォードのスペンス戦勝利のインパクトが日本人チャンプの1年間を上回ったと言えるだろう。

井上尚弥vsテレンス・クロフォードは実現するか?

現時点で井上の主戦場はスーパーバンタム級(122ポンド)、井上のキャリアの中では4つ目の階級となる。一方のクロフォードは現在、彼にとって4階級目となるスーパーウェルター級(154ポンド)を目指している。

結論から言えば、クロフォードの方が明らかに体が大きく、2人の対戦はあまりにも現実味がなさすぎる。

ルイス・ネリを倒すことで井上尚弥はPFPのNo.1ファイターとなれるのか?

ネリを倒せば、井上がPFPのNo.1に君臨する可能性はあるだろう。メキシコ人のサウスポーは世界クラスのボクサーで、この階級では最も脅威となる存在だ。

もしクロフォードに劣る点があるとすれば、それは試合の少なさだ。多くのファンが井上こそPFPのトップファイターだと考える理由もそこになる。『モンスター』は5月6日の防衛戦に勝利すれば、18ヶ月の間に3勝目を挙げることになる。その間、クロフォードが戦ったのはスペンス戦の1試合しかない。

もし、この2人以外にPFPのトップを狙う存在がいるとすれば、オレクサンドル・ウシクだろう。ウクライナのテクニシャンは5月18日、サウジアラビアでタイソン・フューリーと対戦する。もしこの試合にウシクが勝利すれば、1990年のイベンダー・ホリーフィールド以来となる、クルーザー級の元アンディスピューテッド・チャンピオンによるヘビー級のアンディスピューテッド・チャンピオン獲得となる。

最新の勝敗予想&オッズはこちらでチェック

最近のニュース