BeeBet Times

井上尚弥vsルイス・ネリのアンダーカード:メインイベント前の全試合

5月6日(月・祝)、東京ドームにて井上尚弥がルイス・ネリとの4団体統一世界スーパーバンタム級タイトルマッチに挑む。この試合に加えアンダーカードの試合も魅力十分なバウトだ。

最新の勝敗予想&オッズはこちらでチェック

井上尚弥(戦績:26勝0敗)は言わずと知れたチャンピオンである。この日本人スターはスティーブン・フルトンとマーロン・タパレスにKO勝利を収めスーパーバンタム級を制覇し、男性ファイター史上2人目となる2階級4団体統一王者となった。

『モンスター』はパウンド・フォー・パウンド(無差別級ランキング)でも上位に入るほどの強者で、多くの人々が彼を昨今の世界最強ボクサーだと讃えている。井上尚弥は2014年4月6日にWBC世界ライトフライ級王座を獲得してから、ずっとチャンピオンの地位で戦ってきた。

ルイス・ネリ(戦績:35勝1敗)は過去に山中慎介とのWBC世界バンタム級タイトルマッチにおいて、1度目は4ラウンドKO、2度目は2ラウンドTKOと勝利を収めるも、禁止薬物や体重超過といった問題を起こし、日本ボクシング協会から無期限活動停止処分を受けていた。

元チャンピオンは現在4連勝中、これまで27試合をKOで勝利している。なお、この試合にあたってネリの処分は解除された。

アンダーカードでは3つのタイトルマッチが行われ、オーストラリアのスターや井上尚弥の弟などが出場する予定だ。

井上尚弥vsルイス・ネリのアンダーカード

以下、井上尚弥vsルイス・ネリのアンダーカードを紹介する。

ジェイソン・マロニーvs武居由樹

  • 階級:バンタム級
  • マロニーの戦績:27勝2敗
  • 武居の戦績:8勝0敗
  • 団体・称号:WBO世界バンタム級王座

ジェイソン・マロニーは、武居由樹を相手にWBO世界バンタム級王座の防衛戦に挑む。

マロニーは、世界王座決定戦でエマヌエル・ロドリゲスと井上尚弥に敗れた過去を持つが、2023年5月にビンセント・アストロラビオを倒しWBO世界バンタム級王座を手に入れ、現在6連勝中だ。

一方、元K-1チャンピオンの武居は2014年から2020年までキックボクシング界で活躍。ボクシングに転向してからKO率100%という驚きの結果を残している。

井上拓真vs石田匠

  • 階級:バンタム級
  • 井上の戦績:19勝1敗
  • 石田の戦績:34勝3敗
  • 団体・称号:WBA世界バンタム級王座

井上拓真は、石田匠を相手にWBA世界バンタム級王座の防衛戦に挑む。

井上尚弥の弟、拓真は直近の6試合で連勝中。2023年4月にリボリオ・ソリスを抑え、かつて兄の尚弥が手にしたWBA世界バンタム級王座を獲得した。

一方の石田は2017年に行われたWBA世界スーパーフライ級王座を賭けた戦いでカリッド・ヤファイに判定負けして以来の世界挑戦となり、それ以降の戦績は10勝2敗、現在5連勝中だ。

ユーリ阿久井政悟vs桑原拓

  • 階級:フライ級
  • 阿久井の戦績:19勝2敗1分
  • 桑原の戦績:13勝1敗
  • 団体・称号:WBA世界フライ級王座

ユーリ阿久井政悟は、桑原拓を相手にWBA世界フライ級王座の防衛戦に挑む。

かつてサッカー少年だった阿久井は今年1月、アルテム・ダラキアンを撃破してWBA世界フライ級王者に。今回が初の防衛戦となる。

桑原は現在5連勝中でそのうち4試合でKO勝利。昨年7月にウラン・トロハツをKOで倒し、同階級の中で名を揚げた。

最新の勝敗予想&オッズはこちらでチェック

最近のニュース