BeeBet Times

井上尚弥の次なる対戦相手は誰?|『モンスター』を待ち受けるフェザー級王者たち

5月6日(月・祝)、東京ドームで行われるルイス・ネリ戦のゴングも鳴らないうちから、人々はすでに井上尚弥の次なる対戦相手が誰になるかを考え始めている。そのことだけでも井上の凄さが分かるだろう。実際、『モンスター』はそれだけの存在だと言える。

最新の勝敗予想&オッズはこちらでチェック

井上(26勝0敗、23KO)は、わずか2戦でスーパーバンタム級を制圧し、アンディスピューテッド・チャンピオンの座に上り詰めた。バンタム級の4団体統一を成し遂げた後、日本のスーパースターは即座にスティーブン・フルトン、マーロン・タパレスという2人のタイトルホルダーを圧倒してTKO勝利を収めた。井上は現在、世界でトップのPFP(パウンドフォーパウンド)ファイターと言っていいだろう。

対するネリ(35勝1敗、27KO)は、この階級に残された最後のチャレンジャーだろう。実績もあるハードパンチャーのサウスポーは、これまでにバンタム級、スーパーバンタム級のベルトを巻いてきている。元王者のブランドン・フィゲロアに敗れ、キャリア唯一の黒星は喫したが、その後アザト『クレイジーA』ホバニシァンを倒して復活、2023年の『リングマガジン』年間最優秀試合にも輝いた。

ここでは、ネリを打ち倒した暁に井上が5階級制覇に向けて対戦すると目されるフェザー級の世界チャンピオンたちを紹介する。

井上尚弥 vsアルベルト・ロペスの可能性

ジョシュ・ワーリントン、マイケル・コンラン、ジョエ・ゴンザレス、阿部麗也を次々に打ち破ったロペスはフェザー級において現在トップのボクサーと考えられている。

IBF世界フェザー級王者のロペスは常にプレッシャーをかけてくるタフなファイターで、今まさに絶頂期にある選手。プロキャリア32戦で2敗しているが、これまでKOされたことはなく、常に激しい試合を繰り広げてきた。井上がロペスを相手にどれだけダメージを与えられるかは見ものだ。

両者ともプロモーターはトップランク社で、ESPNが中継をしている。その意味では試合は組みやすいだろうし、年間最優秀試合にもなりうる好カードだ。

井上尚弥 vsラファエル・エスピノサの可能性

エスピノサもロペスと同じメキシコ出身のフェザー級チャンピオンだが、そのスタイルはまるで異なる。エスピノサはWBOフェザー級王者でありながら、身長185センチ 、リーチは188センチという規格外のサイズの持ち主だ。

165センチの井上は身長で20センチ 、リーチで17センチのハンデを負うことになる。日本が誇るファイターはこの体格差を克服して、持ち前のパンチ力を活かすことができるのか、非常に興味深い試合となりそうだ。

ただ、エスピノサ(24勝0敗、20KO)は昨年12月、前評判の高かったキューバ人王者ロベイシ・ラミレスを破って現在のWBOフェザー級王座を手に入れたばかり。エスピノサ陣営とすれば、経験豊富な井上と対戦する前に1、2戦防衛戦を組んで、稼いでおきたいところだろう。

ラミレスvsエスピノサ戦もトップランク社のプロモートだったので、マッチメークという点ではこの一戦も実現しやすいかもしれない。

井上尚弥 vsレイモンド・フォードの可能性

今年3月、オタベク・ホルマトフ(ウズベキスタン)を破ってWBA世界フェザー級王座を手に入れた試合を見れば、現時点で井上の対戦相手として一番魅力的なのはフォードかもしれない。

初のタイトルマッチで不利が予想されていたにもかかわらず、フォード(15勝0敗1分、8KO)にとっては年間最優秀試合の候補にも上がるだろう戦いぶりを見せ、まさかの12回TKO勝利を収めた。

フォードの初防衛戦は5月18日、マッチルームボクシングがプロモートするタイソン・フューリーvsオレクサンドル・ウシクのアンダーカードとして、ニック・ボールを挑戦者に迎えてサウジアラビアのリヤドで行われる。

若くて野望に満ちた25歳のサウスポーにとって井上戦は魅力的だろう。難点があるとすれば、フォードがフェザー級に留まるのは非常に厳しくなっていること。タイトルを獲得した直後からスーパーフェザー級転向の話も出ていたほどだ。

井上vsフォード戦を実現するには、残された時間は多くない。

井上尚弥 vsレイ・バルガスの可能性

井上尚弥とレイ・バルガス(メキシコ)の対戦は面白いだろうと思われた時もあったが、ボクシングではタイミングが重要だ。33歳のバルガスはすでに旬を逃しつつある。

元スーパーバンタム級王者のバルガスは2022年7月にフェザー級へ階級を上げ、スプリットデシジョンの末、マーク・マグサヨ(フィリピン)からWBCのベルトを勝ち取った。

その後、空位だったWBCスーパーフェザー級の王座決定戦に挑むもオシャキー・フォスター(アメリカ)に判定負け。今年3月にはニック・ボール(イギリス)を相手にフェザー級タイトルの防衛戦を行い、引き分けの判定で辛くも防衛を果たしている。

バルガス(36勝1敗1分、22KO)は、ここ5年で5試合しか戦っていない。ベテランのメキシコ人ボクサーの戦いぶりは活発とはいえず、調子も下降気味。今の状況を考えれば、バルガスにとって井上との対戦は避けた方が賢明だろう。

最新の勝敗予想&オッズはこちらでチェック

最近のニュース