BeeBet Times

二コラ・ヨキッチが3度目のMVP|NBA2023/24シーズン各賞受賞者まとめ

NBAはプレーオフの熱い戦いが繰り広げられている中、各賞の受賞者が決まった。

2023/24シーズンの今季は、まず最優秀躍進選手賞(モスト・インプルーブド・プレイヤー/Most Improved Player/MIP)が発表され、その後にシックスマン賞(6thマン/Sixth Man of the Year)、最優秀クラッチ選手賞(Clutch Player of the Year)、そして最優秀コーチ賞(コーチ・オブ・ザ・イヤー/Coach of the Year/COY)の受賞者が続く。最後に称えられる3つの賞の受賞者は、最優秀新人賞(ルーキー・オブ・ジ・イヤー)、最優秀守備選手賞(ディフェンシブプレイヤー・オブ・ジ・イヤー)、最優秀選手賞(モスト・バリュアブル・プレイヤー/Most Valuable Player/MVP)だ。

バスケットボールの勝敗予想&オッズはこちらでチェック

ここでは各賞の受賞者をまとめる。

2023/2024 NBAアウォーズ
(受賞者は太字)

最優秀選手賞

ファイナリスト

  • 二コラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)
  • ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)
  • シェイ・ギルジャス-アレキサンダー(オクラホマシティ・サンダー)

ヨキッチがここ4シーズンで3度目のMVPに選ばれた。29歳のヨキッチは、ナゲッツをリーグ2位タイの成績に導き、1試合平均26.4得点、12.4リバウンド、9.0アシスト、1.4スティールを記録し、世界最高の選手としての地位を確立した。

最優秀新人賞

  • ビクター・ウェンバンヤマ(サンアントニオ・スパーズ)
  • チェット・ホルムグレン(オクラホマシティ・サンダー)
  • ブランドン・ミラー(シャーロット・ホーネッツ)

驚くことではないが、ウェンバンヤマが今季の新人王に輝いた。スパーズのスーパースターは、1試合平均21.4得点、10.6リバウンド、3.9アシスト、1.2スティール、そしてリーグトップの1試合平均3.6ブロックを記録した。

米メディア「The Athletic」の記者によると、彼はリーグ史上初めて、1シーズンで1,500得点、700リバウンド、250アシスト、250ブロック、そして100本の3ポイントシュートを記録した選手となった。

ウェンバンヤマは、ラルフ・サンプソン、デビッド・ロビンソン、ブレイク・グリフィン、デイミアン・リラード、カール-アンソニー・タウンズ並び、満場一致での選出となった。

なお、サンダーのホルムグレンとホーネッツのミラーがそれぞれ2位と3位に入り、マイアミ・ヒートのハイメ・ハケスJr.とゴールデンステイト・ウォリアーズのブランディン・ポジェムスキーがトップ5を締めくくった。

最優秀守備選手賞

ファイナリスト

  • ルディ・ゴベア(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
  • バム・アデバヨ(マイアミ・ヒート)
  • ビクター・ウェンバンヤマ(サンアントニオ・スパーズ)

ゴベアは2023-24年の最優秀守備選手賞に選ばれ歴史を刻んだ。彼はティンバーウルブズを56勝26敗の成績で西カンファレンスの第3シードに導いた。

身長7フィート1インチ(約216センチ)のセンターは、これで4回目の受賞となり、ベン・ウォレスとディケンベ・ムトンボの史上最多記録に並んだ。

シックスマン賞

ファイナリスト

  • ナズ・リード(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
  • マリク・モンク(サクラメント・キングス)
  • ボビー・ポーティス(ミルウォーキー・バックス)

ティンバーウルブズのリードは、ファイナリストのモンクとポーティスを破り、フランチャイズ史上初のシックスマン賞の受賞者となった。

リードは、今季81試合で平均13.5得点、5.2リバウンド、1.3アシストを記録し、シューティングスプリットは.477(フィールドゴール成功率)/.414(スリーポイント成功率)/.736(フリースロー成功率)。

モンクは2位に入り、リードに10ポイント差で及ばなかった。リードは352ポイントを獲得し、モンクは342ポイントだった。3位のポーティスは、トータル81ポイントだった。

最優秀躍進選手賞

ファイナリスト

  • タイリース・マクシー(フィラデルフィア・76ers)
  • アルペラン・シェングン(ヒューストン・ロケッツ)
  • コビー・ホワイト(シカゴ・ブルズ)

最終投票では、マクシーがホワイトをわずか14ポイント差で上回った。 76ersの4年目のガードは、今季初めてオールスターに選出され、レギュラーシーズンでは1試合平均25.9得点、6.2アシストを記録した。マクシーは1995年にダナ・バロスが受賞して以来、76ersの選手として2人目の受賞者となった。

ジョエル・エンビードが怪我でシーズンの大半を欠場したとき、マクシーはリーダーシップの役割を担った。マクシーの活躍もあり、76ersはイースタンの第7シードでプレーオフに進んだ。

最優秀クラッチ選手賞

ファイナリスト

  • ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
  • デマー・デローザン(シカゴ・ブルズ)
  • シェイ・ギルジャス-アレキサンダー(オクラホマシティ・サンダー)

過去2度のMVPを受賞しているカリーは、クラッチポイント、逆転の3ポイントシュート、決勝点などクラッチな最も重要な瞬間においてNBAをリードした。

NBA15年目だったカリーは、昨シーズンから重要性が若干低下したが、それでも平均26.4得点、4.5リバウンド、5.1アシストでシーズンを終えた。チームは最終的にはプレーオフを逃したが、カリーがウォリアーズにとって重要なピースであることを証明するには十分な出来だった。

最優秀コーチ賞

ファイナリスト

  • マーク・デイグノート(オクラホマシティ・サンダー)
  • クリス・フィンチ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
  • ジャマール・モズリー(オーランド・マジック)

デイグノートが率いたサンダーがウエスタンカンファレンス第1シードを獲得したのは驚きだった。サンダーはシーズン前の予想を覆し、57勝25敗でレギュラーシーズンを終了した。再建計画は予定よりも早く進んでおり、シェイ・ギルジャス-アレキサンダー、ジェイレン・ウィリアムズ、チェット・ホルムグレンのスター3人とともに、デイグノートの指導力も多くの称賛を受けた。

社会正義賞

ファイナリスト

  • カール-アンソニー・タウンズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
  • バム・アデバヨ(マイアミ・ヒート)
  • CJ・マッカラム(ニューオリンズ・ペリカンズ)
  • リンディ・ウォーターズ3世(オクラホマシティ・サンダー)
  • ラッセル・ウェストブルック(ロサンゼルス・クリッパーズ)

バスケットボールの勝敗予想&オッズはこちらでチェック

最近のニュース