BeeBet Times

【6/14見どころ】北海道日本ハムファイターズ対読売ジャイアンツ

北海道日本ハムファイターズと読売ジャイアンツの交流戦3連戦が14日からエスコンフィールドHOKKAIDOで行われる。初戦の先発予定は巨人が戸郷翔征、日本ハムが山﨑福也となっている。 野球の勝敗予想&オッズはこちらでチェック 泥沼の6連敗で4月8日以来の借金生活に突入した巨人は、エースの戸郷を立てて連敗脱出を図る。2カード連続で3タテを食らったチームは、得点力不足が深刻な課題。13日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦は、今季11度目の零封負けだった。4番の岡本和真は6月に入って本塁打ゼロ。しかも、ここ6試合では打率.050(20打数1安打)と絶不調だ。悩める主砲は自らの一発で不調を脱し、眠れる打線も覚醒させたい。先発の戸郷は、前回のオリックス・バファローズ戦で8回2失点と力投したが、打線の援護なく負け投手になった。ここ5試合の先発でチーム得点が平均1.4点とサポートに恵まれないが、今回も粘り強く投げて、打線の援護を待ちたい。 対する日本ハムは、交流戦4カードぶりに勝ち越しを決め、首位とは7ゲーム差ながら貯金7でパ・リーグ2位につける。初戦に先発予定の山﨑は、ここまでハーラートップの6勝をマーク。防御率も2.12と安定した成績の左腕は、対左打者の被打率.273に対し、対右打者の被打率.197と右バッターを得意としている。岡本、坂本勇人ら右打者を封じて、巨人打線を勢いづかせないようにすることが勝利への近道だろう。 BeeBetのオッズ(日本時間6月14日5時30分時点)は、巨人の勝利(延長含む)が「1.77」倍に対し、日本ハムのそれが「1.95」倍。巨人が連敗ストップすることに人気が傾いている。なお、昨年の東京ドームでの対戦は、初戦を快勝した日本ハムが最終的に2勝1敗で3連戦を勝ち越した。 BeeBetの会員登録はこちら

【6/11見どころ】オリックス・バファローズ対阪神タイガース

オリックス・バファローズ対阪神タイガースの3連戦が11日から京セラドーム大阪で行われる。初戦の先発予定は、オリックスが曽谷龍平、阪神は村上頌樹。 野球の勝敗予想&オッズはこちらでチェック 昨年の日本シリーズのリマッチ。昨シーズンの頂上決戦は最終戦までもつれ、阪神の38年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた。今季は両チームともなかなか調子が上がらなかったが、ここにきてともに連勝と波に乗ってきた。 オリックスは、西川龍馬を4番に据えてから潮目が変わってきた。5日から4番に座る西川は、6日から4試合連続で勝利打点をマーク。読売ジャイアンツとの3連戦では、すべての試合で初回に先制打を放ち、3タテに貢献した。西川を4番に起用してから5連勝中のチームは、初回の攻撃で先制して主導権を握り、先行逃げ切りを図りたい。先発予定の曽谷は、2年前のドラフト1位左腕。今季は7試合に先発して3勝2敗、防御率2.93をマーク。5月25日の埼玉西武ライオンズ戦では7回途中で6失点の乱調だったが、前回登板の6月2日の中日ドラゴンズ戦では7回無失点ときっちりと修正してきた。 対する阪神は、6月6日に貯金が底をついたがそこから3連勝。6月に入って5試合連続で1試合2点以下だった攻撃陣は、7日からの西武との3連戦は1試合平均4点と調子を取り戻しつつある。猛虎打線復活の要因は、佐藤輝明の復帰だろう。不調のため5月半ばから戦列を離れていた佐藤は、西武戦から1軍に合流。3連戦で打棒復活とまではいかないまでも、低迷していた打線の起爆剤になったことは間違いないはずだ。佐藤のバットが快音を響かせれば、昨季王者は上昇気流に乗っていくはずだ。先発マウンドを任される村上は、4月30日を最後に1か月以上も白星から見放されているが、その間の4試合で打線の援護がわずかに5点。復活しつつある打線のサポートを得て、今季3勝目を狙う。 BeeBetのオッズ(日本時間6月11日5時17分時点)は、阪神の勝利(延長含む)が「1.68」倍に対し、オリックスのそれが「2.05」倍。5.5点以上に設定された総得点のオーバー/アンダーは、オーバーが「1.90」倍に対し、アンダーが「1.80」倍となっており、投手戦が予想される。 BeeBetの会員登録はこちら

【6/9見どころ】読売ジャイアンツ対オリックス・バファローズ

読売ジャイアンツとオリックス・バファローズの一戦が9日に東京ドームで行われる。巨人は菅野智之、オリックスは佐藤一麿が先発予定となっている。 野球の勝敗予想&オッズはこちらでチェック 今年の交流戦4カード目にして初の負け越しとなった巨人は、菅野で同一カード3連敗を阻止する。今シーズンの菅野は、開幕から無傷の5連勝を続け、防御率1.20と抜群の安定感を誇る。打線が2試合連続で完封負けを喫しているだけに、是が非でも先に点を与えたくないところだ。 一方、交流戦2カード連続で勝ち越しを決めたオリックスは、目下4連勝中と好調だ。先発マウンドを任されるのは、6月8日に支配下選手登録されたばかりの佐藤。身長190センチの長身左腕は、もし勝てば史上5人目となる育成からの初登板初勝利の偉業となる。横浜隼人高校からプロ入り5年目の背番号「93」は、念願の1軍マウンドで躍動できるか。打線は、2戦連続決勝打の西川龍馬、前日の試合で4打点の頓宮裕真に当たりが出てきて心強い。 BeeBetのオッズ(日本時間6月9日7時38分時点)は、巨人の勝利(延長含む)が「1.55」倍に対し、オリックスのそれが「2.30」倍。オッズは、カード2連勝中だがプロ初先発の佐藤が先発するオリックスより、連敗中でもベテランの菅野が先発する巨人を支持している。 BeeBetの会員登録はこちら

【6/8見どころ】読売ジャイアンツ対オリックス・バファローズ

読売ジャイアンツとオリックス・バファローズの一戦が8日に東京ドームで行われる。巨人はグリフィン、オリックスは齋藤響介が先発予定となっている。 野球の勝敗予想&オッズはこちらでチェック 7日に行われた同カードの3連戦初戦は、オリックスが接戦を制して連勝を3に伸ばした。その一方で、エースの戸郷翔征で敗れた巨人は、セ・リーグ首位から陥落した。 今季はここまで3試合に登板して1勝1敗、防御率5.65と不安定な投球が続く巨人先発予定のグリフィン。故障からの復帰戦だった前回4月29日の東京ヤクルトスワローズでは4回8失点と大炎上し、今回はそこからおよそ1か月ぶりのマウンド。昨季は20試合の登板で防御率2.75と安定感抜群だった左腕は、ここ2試合とも4回でマウンドを降りているだけに、せめて5回まではマウンドに立っていたいところだろう。 対するオリックスは、西川龍馬を4番に起用してから3連勝と、低迷していたパ・リーグ3連覇のチームにようやく勢いが出てきた。その西川は前日の試合で先制のタイムリーヒットを放つなどベンチの期待に応え、連続試合安打を6に伸ばした。広島東洋カープから移籍1年目の左打者は今季、右投手より左投手相手に打率を残しているので、巨人先発左腕グリフィン相手に快音を響かせるか注目だ。 BeeBetのオッズ(日本時間6月8日4時57分時点)は、巨人の勝利(延長含む)が「1.62」倍に対し、オリックスのそれが「2.15」倍と巨人がやや優勢とみられている。合計得点のオーバー/アンダーでは、5.5得点以上が「1.87」倍、5.5得点以下が「1.85」倍と差がないオッズとなっており、投手戦か打撃戦かオッズからだけでは予想がしづらい。ちなみに、昨年の同カード初戦はオリックスが2-1で勝利。2戦目は巨人が10-0で大勝した。 BeeBetの会員登録はこちら

【6/7見どころ】読売ジャイアンツ対オリックス・バファローズ

読売ジャイアンツとオリックス・バファローズの一戦が7日に東京ドームで行われる。巨人は戸郷翔征、オリックスは東晃平が先発予定となっている。 野球の勝敗予想&オッズはこちらでチェック 7日からスタートする巨人対オリックスの3連戦。巨人は4カード連続勝ち越し中で、交流戦に限って言えば3カード連続で勝ち越して6勝3敗の3位につけている。一方のオリックスも、横浜DeNAベイスターズ3連戦で5カードぶりの勝ち越しを決めた。今カードは勢いあるチーム同士の戦いで見ごたえがありそうだ。 巨人先発予定の戸郷は、5月24日の阪神タイガース戦で無安打無得点試合を記録した次の同31日西武ライオンズ戦でも7回1失点で今季5勝目を挙げるなど絶好調だ。巨人は、戸郷が先発で勝ちがついたカードをすべて勝ち越しているだけに、3連戦の初戦を任されるエースは、チームに勢いをもたらすためにも責任重大だ。打線では、丸佳浩に注目する。開幕当初からなかなか調子が上がらなかった丸は、5試合連続安打で打率を3割に乗せてきた。昨年6月8日のオリックス戦では代打満塁本塁打を放ったように、相性の良さが今年も出るか。 一方のオリックスは、東が先発マウンドに上がる。育成ドラフトから這い上がってきた24歳の右腕は、今季7試合の先発登板で1勝3敗ながら防御率2.66をマーク。今季初登板だった4月12日以来勝ち星から見放されているので、そろそろ2勝目をつかみ浮上のきっかけをつかみたいところだ。バッターでは、昨季首位打者に輝きながら、今季ここまで打率.200と低迷している頓宮裕真の覚醒に期待したい。 BeeBetのオッズ(日本時間6月7日1時時点)は、巨人の勝利(延長含む)が「1.70」倍に対し、オリックスのそれが「2.05」倍と巨人がやや優勢とみられている。得点ハンディキャップは1.5に設定され、その場合、オリックスの勝利(延長含む)が「1.42」倍で、巨人の勝利(延長含む)の「2.70」倍を人気で上回っている。ちなみに、昨年の同カードで戸郷が先発した試合は、10-0で巨人が圧勝した。 BeeBetの会員登録はこちら

【6/6見どころ】阪神タイガース対東北楽天ゴールデンイーグルス

阪神タイガースと東北楽天ゴールデンイーグルスの一戦が6日に阪神甲子園球場で行われる。先発予定は、阪神が西勇輝、楽天が藤井聖。 野球の勝敗予想&オッズはこちらでチェック 前日のカード2戦目は、楽天が9回に小郷裕哉の2ランが飛び出し逆転勝ち。楽天は交流戦3カード連続で勝ち越しを決めた。その一方で、阪神は4試合連続で2得点以下と貧打線にあえぎ、今カードは対照的な両チームの戦いとなっている。 阪神は、西に連敗ストッパーを託す。西は前回登板が4回4失点で負け投手となったが、防御率1.62とそう簡単には崩れない。西が粘りの投球で相手に先に点を取られず、打線の奮起を待ちたい。打線では、前日の試合で1番中野拓夢と2番前川右京で計6度出塁し、3番森下翔太も2安打を放つも、4番近本光司がチャンスでことごとく凡退する大ブレーキだった。サッカーではないけど、得点はケチャップみたいなもので、出ない時は出ないけど、出る時はドバドバ出る。阪神は、この瞬間をじっと待ちたいところだ。 対する楽天は、交流戦で勢いづいている。横浜DeNAベイスターズ、東京ヤクルトスワローズ、阪神との3連戦を3カード連続で勝ち越し。交流戦6勝2敗でソフトバンクホークスとともに首位を走っている。好調の要因は、打率.271、防御率2.73と攻守の歯車がかみ合っているところだろう。特に打線では小深田大翔が打率.393と4割近く打ち、小郷も3割5分3厘と1番でチャンスメイクしている。打線が線になっていて繋がりが生まれ、リズムよく攻撃ができている。先発予定の藤井は、左腕から繰り出す鋭いスライダーを武器に自身3連勝中。今季は最長で5回までしか投げていないので、少しでも長いイニングをマウンドに立っていたい。 BeeBetのオッズ(日本時間6月6日8時26分時点)は、阪神の勝利(延長含む)が「1.62」倍に対し、楽天のそれが「2.20」倍。阪神は、ここ10試合で2勝8敗と調子を落としているが、BeeBetでは阪神が優勢とみられている。 BeeBetの会員登録はこちら

【6/5見どころ】阪神タイガース対東北楽天ゴールデンイーグルス

阪神タイガースと東北楽天ゴールデンイーグルスの一戦が5日に阪神甲子園球場で行われる。先発予定は、阪神が大竹耕太郎、楽天が内星龍。 野球の勝敗予想&オッズはこちらでチェック 前日の3連戦初戦は3-1で楽天が先勝した。阪神は敗れた以上に深刻なのが貧打線だ。ここ12試合で2得点以下が10試合と得点力不足にあえいでいる。開幕から4番を任されていた大山悠輔は、不振のため4日の楽天戦でスタメン落ちすると、試合後には岡田彰布監督が大山の2軍行きを明言した。主砲不在の中で、近本光司、森下翔太ら上位打線の奮起に期待したい。 一方の楽天は、交流戦でソフトバンクホークス、読売ジャイアンツと並ぶ5勝2敗で首位を走る。先発は、5月29日の横浜DeNA戦でおよそ1か月ぶりの勝利となる2勝目を手にした内。身長190センチから投げ下ろす角度ある速球とスプリットで、不調の虎打線を封じられるか。打者では、交流戦2本塁打と波に乗る村林一輝くに注目する。 BeeBetのオッズ(日本時間6月5日14時41分時点)は、阪神の勝利(延長含む)が「1.65」倍に対し、楽天のそれが「2.10」倍と阪神の人気がリードしている。 BeeBetの会員登録はこちら

【6/4見どころ】阪神タイガース対東北楽天ゴールデンイーグルス

阪神タイガースと東北楽天ゴールデンイーグルスの一戦が4日に阪神甲子園球場で行われる。先発予定は、阪神が村上頌樹、楽天がポンセ。 野球の勝敗予想&オッズはこちらでチェック 2日の千葉ロッテマリーンズ戦に勝利し、連敗を5でストップした阪神。5月は10勝13敗1分と負け越しただけに、6月は4日からの甲子園6連戦で勢いに乗りたい。先発マウンドを任される村上は、中12日と休養十分。昨シーズンに防御率のタイトルを獲得し、新人王とMVPをW受賞した25歳の右腕は、今季は防御率2.03と安定感抜群ながら2勝4敗と黒星が先行している。昨年も楽天との3連戦初戦に先発するも8回4失点で負け投手になっているので、今年はそのリベンジを果たしたい。 一方の楽天は、交流戦を2カード連続で勝ち越しと好調だ。その余勢を駆って、先発マウンドに上がるのがポンセ。今季から楽天に移籍した右腕は、8試合の先発で3勝4敗、防御率7.33と今一つの内容。特にここ2試合では9イニング投げて18失点の大乱調だ。北海道日本ハムファイターズ時代の2022年には無安打無得点試合をマークした実績があるだけに、交流戦で自身の浮上のきっかけをつかめるか。 BeeBetのオッズ(日本時間6月3日19時18分時点)は、阪神の勝利(延長含む)が「1.57」倍に対し、楽天のそれが「2.25」倍と阪神の人気がリードしている。ちなみに、昨年の交流戦では楽天が2勝1敗で3連戦を勝ち越した。 BeeBetの会員登録はこちら

【5/31見どころ】千葉ロッテマリーンズ対阪神タイガース

千葉ロッテマリーンズと阪神タイガースの一戦が31日にZOZOマリンスタジアムで行われる。先発予定はロッテが美馬学、阪神が青柳晃洋。 野球の勝敗予想&オッズはこちらでチェック 9連勝中のロッテは、東京ヤクルトスワローズとの2連戦はいずれも3-3の引き分けに終わり、本拠地で19年ぶりの10連勝に挑む。先発の美馬は、4月4日以来となる今季2度目の先発。4日の福岡ソフトバンクホークス戦では初回に6失点を喫するなど4回7失点(自責点6)の乱調で即刻2軍行きとなっただけに、今回は立ち上がりを慎重に入りたい。打線では、2試合連続で代打から同点適時打を放つ勝負強さを見せているポランコのバットに期待する。 対する阪神は、北海道日本ハムファイターズに連敗するなど3連敗と調子を落としている。連敗ストッパーの期待がかかるのが、青柳だ。2022年に最多勝、勝率、防御率の「投手3冠」に輝いた右腕も、今季は7試合の先発登板で1勝3敗、防御率3.76と低迷している。アンダーハンドからキレのあるボールを投げるサブマリンが、交流戦で何とか浮上のきっかけをつかみたい。打線では、4試合連続ヒット中でその間打率.375とあたっている2年目の森下翔太に注目する。 BeeBetのオッズ(日本時間5月31日13時22分時点)は、阪神の勝利(延長含む)が「1.75」倍に対し、ロッテのそれが「2.00」倍と阪神の人気がリードしている。両チーム合わせた合計得点のオーバー/アンダーに目を向けてみると、5.5得点以上が「1.87」倍に対し、5.5得点以下が「1.83」倍となっている。ちなみに、阪神甲子園球場で行われた昨年の同カード2連戦(初戦は中止)の対戦成績は、阪神が6-5、2-0と連勝した。 BeeBetの会員登録はこちら