BeeBet Times

コパ・アメリカ2024、オッズで見る注目の3試合(6/21~6/23)

16か国が出場するコパ・アメリカが、日本時間6月21日に開幕する。ここからおよそ1か月にわたりアメリカ大陸最強国を決める熱い戦いがアメリカ国内で繰り広げられる。どの試合も見どころたっぷりの試合ばかりだが、ここでは6月21日~23日の間に行われる試合の中から、BeeBetのオッズを元に、注目の3試合をピックアップする。 コパ・アメリカの勝敗予想&オッズはこちらでチェック 6月21日(金) アルゼンチン(1.28) vs カナダ(11.00) 前回王者アルゼンチンと初出場カナダの一戦。FIFA世界ランキング(2024年4月4日発表時点)1位アルゼンチンと同49位カナダの一戦だけに、オッズは大きく差が開いた。アルゼンチンは36歳の不動のエースFWリオネル・メッシ(インテル・マイアミ)を軸に、25歳のアレクシス・マクアリスター、10代のアレハンドロ・ガウナチョとバレンティン・カルボーニと各年代の選手をそろえる。ベテランと若手がうまく融合すれば、今大会も確実に優勝候補だろう。対するカナダは、ジョナサン・デイビッド(リール)に注目する。今季のリーグアンで得点ランキング2位のストライカーは、アルフォンソ・デービス(バイエルン・ミュンヘン)とのコンビでディフェンディングチャンピオンに一泡吹かせたい。 6月22日(土) ペルー(4.10) vs チリ(2.05) FIFA世界ランキングでは、32位のペルーが42位のチリを上回っているが、オッズは逆の予想となっている。チリは連覇した2015年と2016年にいずれも得点王となったFWエドゥアルド・バルガス(アトレチコ・ミネイロ)が健在。34歳のストライカーは貪欲にゴールを狙う。対するペルーは、ベテランFWパオロ・ゲレーロに注目だ。齢40歳にしていまだ代表に選ばれるペルーのレジェンドはスタメンではないかもしれないが、ペルー代表最多となる39ゴールの決定力が大一番でチームの助けになるかもしれない。勝った方がアルゼンチンも同居するグループAから予選を突破する可能性が高くなるだろう。 6月23日(日) メキシコ(1.62) vs ジャマイカ(6.00) 中米の雄メキシコは、FIFA世界ランキング14位で、同55位ジャマイカの上をいく。メキシコの中心選手は、MFサンティアゴ・ヒメネス(フェイエノールト)。23歳のMFは、今季のエールディビジでリーグ3位の23得点をマークし、昨季の15得点から大きく伸ばした。身長182センチの長身を武器に、ゴール前で存在感を発揮できるか。対するジャマイカは、26人のロスターの内、イングランドでプレーする選手が5人で、その全員が主力として活躍している。特に、FWレオン・ベイリー(アストン・ヴィラ)は今季のプレミアリーグで10得点と決定力がある。FWミチェル・アントニオ(ウェストハム)は身長180センチと上背があり、前線の攻撃力にはメキシコも手を焼くかもしれない。 *国名横の()内のオッズは日本時間6月19日7時50分時点 *日時はすべて日本時間で表記 BeeBetの会員登録はこちら

UEFA EURO2024(ユーロ2024)の日程・組み合わせ・結果速報

24か国が出場するUEFA EURO2024(ユーロ2024)が、いよいよ日本時間6月15日にドイツで開幕した。4年に一度行われるビッグイベントは、ヨーロッパはもちろんのこと世界中に熱狂の渦を巻き起こす。決勝までの1か月間は寝不足の日々が続きそうだ。ここでは、ユーロ2024の全試合の日程、組み合わせ、試合結果、順位表をまとめる。 サッカーの勝敗予想&オッズはこちらでチェック ※日時はすべて日本時間。 【グループステージ】 〈グループA〉 順位表 順位 チーム 勝 分 負 得 失 差 勝点 1 ドイツ 1 0 0 5 1 4 3 2 スイス 1 0 0 3 1 2 3 3 ハンガリー 0 0 0 1 3 -2 0 4 スコットランド 0 0 1 1 5 -3 0 試合日程・結果 節 日時 […]

メッシ、ロナウド、ペレなどが受賞|コパ・アメリカ歴代得点王

コパ・アメリカ2024では、多くの優れたアタッカーが出場する。彼らは自国を栄光へと導こうと貪欲にゴールを狙うため、多くの得点シーンが生まれるだろう。リオネル・メッシ(アルゼンチン)、ビニシウス・ジュニオール(ブラジル)、ルイス・スアレス(ウルグアイ)、エドゥアルド・バルガス(チリ)など、決定力のある超一流フォワードが数多く出場する。 コパ・アメリカの勝敗予想&オッズはこちらでチェック メッシは2021年のコパ・アメリカで4ゴールを決め、さらに5アシストを記録。アルゼンチンがタイトルを獲得した際にゴールデンブーツ賞に選ばれた。48回目を迎える今大会は、果たして誰がゴールデンブーツの栄誉を手にするのか。 得点数が並んだ場合はどうなる? 現在のCONMEBOL(南米サッカー連盟)の規程によると、得点数が並んだ場合、最もプレー時間の少ない選手が優先される。それでも決まらない場合は、ノックアウトステージで最も多く得点した選手に授与される。それでも同じ場合は、最終的にCONMEBOLの競技および運営部門による抽選で決められる。 歴代得点王の一覧 年 選手 得点 2021 リオネル・メッシ 4 2019 エヴァートン・ソアレス 3 2016 エドゥアルド・バルガス 6 2015 パオロ・ゲレーロ/エドゥアルド・バルガス 4 2011 パオロ・ゲレーロ 5 2007 ロビーニョ 6 2004 アドリアーノ 7 2001 ビクトル・アリスティサバル 6 1999 リバウド/ロナウド 5 1997 ルイス・エルナンデス 6 1995 ガブリエル・バティストゥータ/ルイス・ガルシア 4 1993 ホセ・ルイス・ドルゲッタ 4 1991 ガブリエル・バティストゥータ 6 1989 ベベト 6 1987 アルノルド・イグアラン 4 1983 […]

コパ・アメリカ2024|結果速報、全試合日程、対戦カード、順位表

南米サッカー連盟主催で、世界最古のナショナルチームによる世界選手権と知られるコパ・アメリカが日本時間6月21日に開幕する。48回目を迎える今大会は、南米サッカー連盟(CONMEBOL)に所属するブラジルやアルゼンチンなど10か国と北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)に所属するメキシコ、アメリカなど6か国を合わせた計16か国で王座を競う。ここでは、全試合の日程、対戦カード、結果、順位表をまとめる。 コパ・アメリカの勝敗予想&オッズはこちらでチェック ※日時はすべて日本時間。 【グループステージ】 〈グループA〉 順位表 順位 チーム 勝 分 負 得 失 差 勝点 1 アルゼンチン 0 0 0 0 0 0 0 1 ペルー 0 0 0 0 0 0 0 1 チリ 0 0 0 0 0 0 0 1 カナダ 0 0 0 0 0 0 0 試合日程・結果 節 日時 対戦カード […]

EURO2024(ユーロ2024)、オッズで見る注目の5試合(6/17~6/23)

24か国が出場するEURO2024(ユーロ2024)が、日本時間6月15日にドイツで開幕した。ここから1か月にわたり欧州最強国を決める熱い戦いがドイツ国内で繰り広げられる。どの試合も見どころたっぷりの試合ばかりだが、ここでは6月17日~23日の間に行われる試合の中から、BeeBetのオッズを元に、注目の5試合をピックアップする。 6月17日(月) セルビア(7.25)vsイングランド(1.45) 過去の対戦成績はイングランドの6勝4敗5分。イングランドは予選グループCでイタリアに2連勝するなど無敗で突破した。注目は、背番号10を背負うジュード・ベリンガム(レアル・マドリード)。所属クラブでUEFAチャンピオンズリーグ制覇を経験した20歳のMFは、ユーロ2024では自国に初優勝をもたらすことができるか。前線では今季のブンデスリーガ得点王に輝いたハリー・ケーン(バイエルン・ミュンヘン)の決定力に期待。セルビアは、今季のセリアAで得点ランキング2位のドゥシャン・ブラホビッチ(ユヴェントス)に注目する。 6月18日(火) ベルギー(1.47)vsスロバキア(7.00) 常に優勝候補と言われるベルギーが、7回目の出場で悲願の初制覇を狙う。攻撃の中心を担うのは、予選8試合で14ゴールを決めたFWロメル・ルカク(ASローマ)だ。破壊力ある攻撃に目が奪われがちだが、予選8試合でわずか4失点を誇った強固な守備力にも注目したい。一方、FIFAランキング48位のスロバキアにとって、同3位のベルギーは明らかに格上だが、グループEではベルギーを除けばそれほど大きな差はない。ここで番狂わせを演じられれば、同組のルーマニア、ウクライナに大きな差をつけられる。 6月20日(木) ドイツ(1.25)vsハンガリー(11.00) ドイツは開幕戦でスコットランド相手に5発大勝と波に乗る。フロリアン・ビルツ(バイヤー・レーバークーゼン)とジャマル・ムシアラ(バイエルン・ミュンヘン)の21歳コンビと34歳トニ・クロース(レアル・マドリード)の若手とベテランが抜群にかみ合った。ドイツのこの勢いは簡単には止まりそうもなさそうだ。一方のハンガリーは初戦でスイスに敗れた。予選突破を狙うには負けられない一戦だ。 6月22日(土) オランダ(4.10)vsフランス(1.90) グループDの中で屈指の好カードがいきなり第1節に迎える。FIFAランキングでは2位のフランスに対してオランダが7位。順位だけ見ればそれほど離れていないようだが、オッズは思いのほか差がついた。実はこの2か国は予選でも同組で戦い、フランスが4-0、2-1と連勝した。それだけにこのオッズ差も頷けるが、予選と本戦はまったく別もの。オランダもそう何度も同じ相手にやられないよう対策を打ってくるだろう。フランスは、予選のオランダ戦で計4ゴールを奪い、先日にレアル・マドリードへの移籍が決まったFWキリアン・エムバペが要注目だ。 6月23日(日) トルコ(5.60)vsポルトガル(1.58) 2大会ぶり2度目の優勝を目指すポルトガルは、クリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル)の状態次第でチームの勝敗が左右されるだろう。多くの記録を打ち立ててきているサッカー界のレジェンドは、チェコ戦に出場すれば6度目のユーロ出場という史上初の金字塔を打ち立てる。ポルトガルとチェコがユーロで対戦するのは今回が4度目。1996年こそチェコが勝利したが、2008年と2012年はポルトガルが勝利した。その2試合でロナウドはゴールを決めており、今回もゴールネットを揺らすことができるのか。なお、チェコの監督は、現役時代はサンフレッチェ広島でプレーし、現役引退後はヴィッセル神戸で指揮を執ったこともあるイワン・ハシェック。 *国名横の()内のオッズは日本時間6月16日10時53分時点 *日時はすべて日本時間で表記

イタリア対アルバニアの見どころ・予想|Euro2024(ユーロ2024)第1節

日本時間6月15日にドイツで開幕したEuro2024(ユーロ2024)。大会2日目は、前回王者イタリアが登場する。対戦相手は、2大会ぶり2回目の出場となるアルバニア。 Euro2024の勝敗予想&オッズはこちらでチェック 8大会連続11回目の出場となるイタリアは、3度目の優勝を狙う。予選ではイングランドに2連敗したが、それ以外の国には星を落とさずグループ2位で通過を決めた。グループBに属するイタリアは、スペイン、クロアチアと同組で予選突破に向けてアルバニア戦は負けられない一戦だ。注目は、FWジャンルカ・スカマッカ(アタランタ)。身長195センチの25歳は、今季のセリアA得点ランキングで、イタリア人トップの12得点をマーク。UEFAヨーロッパカップ(UEL)の初優勝にも貢献した。中盤のニコロ・バレッロとダビデ・フラッテージのインテルコンビとの連携で得点を量産するか。 一方のアルバニアは、初のグループステージ突破を目指す。予選では、8試合中4試合でクリーンシートをマーク。4勝1敗3分でチェコ、ポーランドをおさえて1位通過した。前がかりできそうなイタリア相手に堅守でしっかり守り、カウンターから少ない好機を生かして番狂わせを狙う。 BeeBetのオッズ(2024年6月15日5時36分時点)は、イタリアの勝利(延長除く)が「1.35」倍に対して、アルバニアの勝利(延長除く)が「9.75」倍とFIFAランキング9位のイタリアが同66位のアルバニアより人気を集めている。注目のキックオフは6月16日(日)午前4時。 BeeBetの会員登録はこちら

ドイツ対スコットランドの見どころ・予想|Euro2024(ユーロ2024)第1節

24か国が出場するEuro2024(ユーロ2024)が、いよいよ日本時間6月15日にドイツで開幕する。欧州最強国を決めるビッグイベントの先陣を切るのは、開催国ドイツとスコットランドの一戦だ。 サッカーの勝敗予想&オッズはこちらでチェック 14年連続14回目の出場となるドイツは、過去3度の優勝を誇り、スペインと並び通算優勝回数でトップだ。過去に開催国が優勝したのは16回の歴史の中でわずか3回だけだが、自国の声援はこの上ないアドバンテージだ。今回のメンバーは、34歳のトニー・クロース(レアル・マドリード)、33歳のイルカイ・ギュンドアン(バルセロナ)、31歳のニコラス・フュルクルク(ボルシア・ドルトムント)が選出されているように、平均年齢28.5歳と高めだ。その中で注目したいのが、FWマクシミリアン・バイヤー(ホッフェンハイム)だ。21歳のストライカーは、今季のブンデスリーガで16得点をマーク。ドイツ人の中で、今回メンバー入りしているデニス・ウンダヴ(シュツットガルト)の18得点に次ぐ数字だ。他にもバイヤー・レーバークーゼンで背番号10を背負う21歳のMFフロリアン・ビルツといった20代前半の若い力に注目だ。 対するスコットランドは、2大会連続4回目の出場。予選ではグループAを2位で通過。トップ通過のスペインには1勝1敗の成績だった。チームの中心はMFスコット・マクトミネイ。マンチェスター・ユナイテッド所属の27歳は、予選8試合で7ゴールをマークした。身長191センチの長身MFは、豊富な運動量を武器にスコットランドの攻守のカギを握る。 BeeBetのオッズ(2024年6月14日6時35分時点)は、ドイツの勝利(延長除く)が「1.25」倍に対して、スコットランドの勝利(延長除く)が「11.00」倍と開催国ドイツの開幕戦勝利に人気が大きく傾いている。注目のキックオフは6月15日(土)午前4時。 BeeBetの会員登録はこちら

横浜F・マリノス対FC町田ゼルビアの見どころ|明治安田J1リーグ2024第18節

明治安田J1リーグの第18節、横浜F・マリノス対FC町田ゼルビアが15日に日産スタジアムで行われる。リーグ戦1位の町田と同13位の横浜FMによる一戦は、両チームにとって正念場のゲームとなりそうだ。 サッカーの勝敗予想&オッズはこちらでチェック ホームの横浜FMは、6月1日に行われた前節の鹿島アントラーズ戦では、前半に先制しながら、後半に3失点を喫し敗北した。過密日程による影響からなのか、後半にぱたりと足が止まった。また、ディフェンスの要であるDFエドゥアルドが町田戦で出場停止と守備に難があるチームにとっては大きな痛手だ。リーグ13位と下位からなかなか浮上できない横浜FMは、現役時代は軽快なテクニックで観るものを魅了して「オズの魔法使い」の異名を取ったハリュー・キューウェル監督の采配に注目したい。 一方の町田はリーグ首位を走るも、前節のアルビレックス新潟戦に1-3で敗れて5連勝ならず。守備に定評があるチームだが、リーグ戦で今季初の3失点だった。そして、6月12日の天皇杯2回戦では筑波大相手にまさかのジャイアントキリングを許してしまった。さらに、この試合で4人が負傷と重い現実が襲い掛かった。U-23日本代表でアメリカ遠征していた平河悠と藤尾翔太も万全のコンディションではないかもしれない。リーグ戦折り返しの前に、黒田剛監督はチームの手綱をしっかりと締めて戦う必要があるかもしれない。 BeeBetのオッズ(2024年6月14日11時8分時点)は、町田の90分勝利(延長を除く)が「2.50」倍に対し、横浜FMの90分勝利(延長を除く)が「2.65」倍のオッズとリーグ戦の順位が示すほどオッズが離れていない。なお、昨年7月の天皇杯3回戦で対戦した時は、当時J2だった町田がJ1の横浜FMを4-1で下す番狂わせを演じた。 BeeBetの会員登録はこちら

サッカー日本代表vsシリア戦見どころ|FIFAワールドカップ2026アジア2次予選

FIFAワールドカップ2026アジア2次予選兼AFCアジアカップサウジアラビア2027予選のサッカー日本代表vsシリア代表の試合が、11日にエディオンピースウイング広島(広島県広島市)で行われる。2次予選最終戦の日本代表は、無傷の6連勝で有終の美を飾れるか注目だ。 サッカーの勝敗予想&オッズはこちらでチェック アジア2次予選はどんな大会? アジア2次予選は、36か国を9グループに分け、上位2チームの計18か国がアジア3次予選に駒を進める。日本代表は、シリア、ミャンマー、北朝鮮と同じB組に入り、ここまで5戦全勝と圧倒的な強さを見せて、すでにアジア3次予選への進出を決めている。なお、2位シリアと3位北朝鮮の勝ち点差はわずか1なので、アジア3次予選へ進めるかどうかは最終戦の勝敗にかかっている。 前回対戦は5-0で圧勝 シリアとは、アジア2次予選の2戦目を2023年11月21日に中立地のサウジアラビアで戦い、5-0の完勝だった。久保建英(レアル・ソシエダ)の先制ゴールを皮切りに、上田綺世(フェイエノールト)が2得点、菅原由勢(AZアルクマール)と細谷真大(柏レイソル)もゴールネットを揺らした。 日本代表の注目は? 6日のミャンマー戦は、攻撃ではワントップでフル出場した小川が代表4年ぶりのゴールを決めるなど2ゴールをマークすれば、代表では左ウイングバック初挑戦の中村もマルチゴールの活躍。また、パリ五輪世代の鈴木唯人も国際Aマッチデビューを果たし、若い力が躍動する試合となった。守備面でもアジア2次予選ではここまでの全5試合でクリーンシートと、アジアのライバル国に1点も失っておらず、このレベルでは他を圧倒している。ぜひとも無失点のままアジア2次予選を終え、3次予選に弾みをつけたいところだ。シリア戦では、ミャンマー戦で出場機会のなかった遠藤航、田中碧、南野拓実、久保建英、長友佑都らの出番があるか注目だ。 シリア代表はどんなチーム? FIFA最新ランキング(2024年4月4日時点)によると、日本がアジア最上位の18位に対して、シリアは89位。日本代表との対戦成績は、過去2分10敗。アジア2次予選ではグループBで2位をキープしているものの、日本代表に敗れて3位北朝鮮の結果次第ではアジア2次予選敗退が決まるだけに、ワールドカップ初出場を目指すチームとしては死に物狂いで向かってくるだろう。注目は、サウジアラビアリーグで得点王に輝いた実績のあるFWオマル・アルソマー。 オッズは日本代表が圧倒的人気 BeeBetのオッズ(2024年6月10日12時43分時点)は、日本代表の勝利(延長除く)が「1.09」倍に対し、シリアの勝利が「19.00」倍と日本代表の勝利が圧倒的な人気となっている。なお、ドロー(延長除く)は「8.50」倍となっている。シリアは日本代表相手に2017年6月7日のキリンチャレンジカップ2017で1-1と引き分けており、ドローで終わる可能性もぬぐいきれない。 サッカー日本代表 出場予定メンバー GK 前川 黛也(ヴィッセル神戸) 大迫 敬介(サンフレッチェ広島) 谷 晃生(FC町田ゼルビア) DF 長友 佑都(FC東京) 谷口 彰悟(アル・ラヤン/カタール) 板倉 滉(ボルシア・メンヘングラートバッハ/ドイツ) 町田 浩樹(ユニオン・サンジロワーズ/ベルギー) 冨安 健洋(アーセナル/イングランド) 伊藤 洋輝(VfBシュツットガルト/ドイツ) 橋岡 大樹(ルートン・タウン/イングランド) 菅原 由勢(AZアルクマール/オランダ) MF/FW 遠藤 航(リバプールFC/イングランド) 南野 拓実(ASモナコ/フランス) 守田 英正(スポルティングCP/ポルトガル) 鎌田 大地(SSラツィオ/イタリア) 相馬 勇紀(カサ・ピアAC/ポルトガル) 小川 航基(NECナイメヘン/オランダ) 前田 大然(セルティック/スコットランド) 旗手 怜央(セルティック/スコットランド) […]