BeeBet Times

GOLF

笹生優花、古江彩佳、畑岡奈紗、山下美夢有、渋野日向子ら日本勢12名が出場|KPMG全米女子プロゴルフ選手権2024|見どころ・予想オッズ

女子ゴルフメジャー第3戦のKPMG全米女子プロゴルフ選手権が、日本時間20日から4日間にわたり米ワシントン州のサハリーカントリー・クラブで行われる。日本人は、総勢12名が参戦する。 全米女子プロゴルフ選手権の勝敗予想&オッズはこちらでチェック 白熱するパリ五輪日本代表争い 全米女子プロゴルフ選手権後のオリンピックゴルフランキングでパリ五輪代表争いに決着がつく。そのため、今大会は日本代表を巡る争いがかなりの熱を帯びそうだ。パリ五輪の出場枠は60で、世界ランキング上位15名なら同じ国からでも4人が出場可能。世界ランキング16位以下なら同国から2名までが出場可能だ。現時点の日本代表争いは、先日の全米女子オープンを制した世界ランキング6位の笹生優花がほぼ確定。それに続くのが、同20位の古江彩佳、同21位の畑岡奈紗、同22位の山下美夢有が僅差で競っている。さらに、36位の岩井明愛、42位の竹田麗央、45位の小祝さくら、47位の岩井千怜も迫っており、日本代表争いは最後の最後まで予想がつかない状態となっている。 古江が日本勢1番人気、全体でも3番手 BeeBetの優勝予想オッズ(2024年6月19日13時45分時点)は、古江が「18.00」倍で日本勢の1番人気。古江は、全体でも世界ランキング1位ネリー・コルダ、21歳のアタヤ・ティティクルに続く3番人気となっている。さらに山下と畑岡が「36.00」倍で、笹生と竹田が「46.00」倍で続いている。なお、全米オープン2位と復調気配の渋野日向子は、「96.00」倍となっている。 日本代表争いで2番手につける古江は、全米女子オープン6位後のショップライトLPGAクラシックで2位に入ると、続くマイヤーLPGAクラシックでも8位と2戦連続でトップ10以内に入り好調を維持。今季初勝利をメジャー初制覇で飾るか注目だ。 日本代表争いで3番手に落ちた東京五輪日本代表の畑岡は、悲願のメジャー初制覇で逆転の代表入りを目指す。今季は13戦消化して、トップ10入りはわずかに2度。44位に終わった全米女子オープン後のショップライトLPGAクラシックでは、ボールを探しの時間超過で失格になるなど負のスパイラルから抜け出せない。しかし、全米女子プロゴルフは、2018年に2位に入るなど過去3度トップ5以内でフィニッシュした相性の良い大会。先週をスキップした畑岡は、心身ともにリフレッシュした状態で大舞台に挑む。 米ツアーを主戦場とする古江と畑岡と比べ、国内ツアーをメインに戦っている山下。それでも、シェブロン選手権が17位、全米女子オープンも12位と海外メジャーで安定した成績を残している。昨年の国内女子ツアー賞金女王が、今季メジャー3戦目で国内外通じての今季初勝利を狙う。 海外勢は世界ランキング1位のネリー・コルダが優勝候補筆頭 海外勢は世界ランキング1位のネリー・コルダが優勝候補1番手。25歳の東京五輪金メダリストは今季、出場大会5試合連続で優勝するなど絶好調だった。しかし、全米オープンでまさかの予選落ちをすると、続くマイヤーLPGAクラシックでも予選でカット。失意の女王が、3年前に制した大会で巻き返しを狙う。 昨年にメジャー2勝を挙げた世界ランキング2位リリア・ヴは、腰のけがで戦線離脱していたが、6月の復帰戦でいきなり優勝を飾り完全復活を印象付けた。BeeBetの優勝予想オッズ(2024年6月19日13時45分時点)では、古江に次ぐ「23.00」倍で4番人気となっている。その他の海外勢では、コルダの6連勝を阻止した21歳のローズ・チャンが「29.00」倍、全米女子オープン3位のアリー・ユーイングが「30.00」倍と人気を集めている。 BeeBetの会員登録はこちら 大会概要 大会名称:KPMG全米女子プロゴルフ選手権 (欧文名:2024 KPMG Women’s PGA Championship) コース:サハリーカントリー・クラブ (米国ワシントン州サマミッシュ/総距離:6754ヤード/パー72) 日程:2024年6月20日(木)~23日(日)(各日終了時間は日本時間6月21日朝~24日朝) 日本との時差:-16時間/日本では翌日深夜から朝までの競技時間となる 放送予定(テレビ中継・インターネット配信)・視聴方法 テレビ地上波:なし テレビBS/CS:WOWOW ネット配信:WOWOWオンデマンド WOWOW/WOWOオンデマンド 放送・配信予定 大会初日:6月21日(金) 5:00~11:15 (初回無料放送・配信) 大会2日目:6月22日(土) 5:00~11:15

松山英樹、石川遼ら日本人6名が出場|全米オープンゴルフ選手権2024|見どころ・予想オッズ・組み合わせ

ゴルフの海外女子メジャー第3戦、全米オープンゴルフ選手権がノースカロライナ州パインハーストリゾート&カントリークラブ(コースNo.2)で6月13日(木)から4日間にわたって行われる。日本の選手は、松山英樹、石川遼、金谷拓実、河本力、星野陸也、清水大成の6名が出場資格を得ている。 124回の歴史を誇る由緒ある大会 舞台は全米屈指の難コース 今年で124回目を迎える全米オープン。戦いの舞台となるノースカロライナ州パインハーストリゾート&カントリークラブ(コースNo.2)は、2014年以来の開催。元ゴルファーのドナルド・ロスによって設計されたコースは、全米屈指の難コース。飛距離が出るパワーヒッターに有利だが、それと同時に正確さとショットコントロールも必要とされる。パインハーストには通常のラフがない代わりに、117のサンドバンカーが待ち受ける。そのため、フェアウェイを外すと難しいショットが求められる。そして、高速グリーンが多くのゴルファーを悩ませるだろう。 松山英樹が12年連続12年回目、石川遼は2年連続8度目の出場 松山は、今大会に出場する日本人選手の中で、唯一今回のコースで戦った経験がある。10年前の大会では、通算8オーバーの35位タイという結果だった。全米オープンは、2017年に2位タイ、一昨年も4位に入った実績がある。けがの影響からここまでのメジャー2戦では優勝争いに加わっていないだけに、苦手のパットに磨きをかけて、先日に全米女子オープンを制した笹生優花に続きたいところだ。 日本地区の予選会を突破して出場権を得たのは、石川と、河本、清水の3人。石川は2年連続8度目、河本と清水は初出場となる。石川の全米オープン最高位は、2011年の30位タイ。過去3度予選落ちしているが、得意のドライバーからリズムを作り、上位争いに加わりたい。国内男子ツアーでトップのドライビングディスタンスをマークしている飛ばし屋の河本、国内男子ツアーで平均パット率1位の清水にも期待したい。また。テキサス州の予選会を通過して4年ぶり2度目の出場権を得た金谷、欧州ツアーの年間ポイント1位で2年ぶり4度目の出場を果たした星野も注目だ。最大2枠あるパリ五輪の男子日本代表は、6月17日時点の世界ランキングに基づくオリンピックゴルフランキングで決められる。現時点の世界ランキングは松山が14位でほぼ確定。次に続くのが今大会は不参加の中島啓太(83位)と久常涼(92位)で、108位の星野、115位の金谷にも十分チャンスがあるだけに、今大会の成績は五輪出場枠争いの上でも重要だ。 優勝予想オッズは世界ランキング1位のスコッティ・シェフラー、松山は10位タイ BeeBetの優勝予想オッズ(2024年6月12日14時30分時点)は、世界ランキング1位のスコッティ・シェフラーが「3.65」倍で1番人気。次に、全米プロゴルフ選手権でメジャー初優勝を飾ったザンダー・シャウフェレが「9.75」倍で続き、10倍を切っているのはこの2人のみ。さらに、世界ランキング3位のロリー・マキロイが「11.00」倍、今年のメジャー2戦でいずれもトップ4以内に入っているコリン・モリカワが「14.00」倍で続いている。なお、日本人では松山英樹が「36.00」倍で10番人気となっている。 優勝予想オッズTOP15 スコッティ・シェフラー 3.65 ザンダー・シャウフェレ 9.75 ロリー・マキロイ 11.00 コリン・モリカワ 14.00 ビクトル・ホブラン 16.00 ブライソン・デシャンボー 18.00 ルードヴィッヒ・アベルグ 19.00 ブルックス・ケプカ 19.00 トミー・フリートウッド 30.00 松山英樹 36.00 ジャスティン・トーマス 36.00 キャメロン・スミス 36.00 マシュー・フィッツパトリック 36.00

畑岡奈紗、古江彩佳、笹生優花、渋野日向子ら日本勢21名が出場|全米女子オープンゴルフ選手権2024

ゴルフの海外女子メジャー第2戦、全米女子オープンゴルフ選手権 presented by allyがペンシルバニア州ランカスターカントリークラブで5月30日(木)から4日間にわたって行われる。日本の選手は、渋野日向子、畑岡奈紗、古江彩佳、山下美夢有ら21名が出場資格を得ている。 ゴルフの勝敗予想&オッズはこちらでチェック 79回の歴史を誇る由緒ある大会 3年前は笹生が日本人女子3人目の偉業 今年で79回目を迎える全米女子オープン。戦後すぐに産声を上げた歴史ある大会は、過去の優勝者にはアニカ・ソレンスタム、ベッツィ・キングら多くのレジェンドが名を連ねているのに加え、2021年には日本の笹生優花もその1ページに名を刻んだ。戦いの舞台となるランカスターカントリークラブは、2015年以来2度目の開催。フロント9は、ティショットから的確な戦略が求められ、バック9は長さと高低差が特徴的でセカンドショットが打ち上げとなるホールが5つ含まれている。今年は総勢156名のゴルファーが、この戦略的でトリッキーなコースを舞台に熱い戦いを繰り広げる。 畑岡奈紗、山下美夢有、古江彩佳ら日本勢に注目 日本人では、世界ランキング18位の畑岡奈紗が昨年のリベンジに燃える。昨年は最終日を首位でスタートするも、スコアを落として4位に終わり悲願のメジャー制覇とはならなかった。今シーズンも米ツアーを主戦場とし、最高位はHSBC女子世界選手権の3位。メジャー初戦だった4月のシェブロン選手権では13位に終わっただけに、巻き返しが期待される。 畑岡に次ぐ日本勢2番手の世界ランキング23位の山下も昨年の悔しさを晴らそうと意気込む一人だ。JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)で2年連続賞金女王に輝いている22歳は、今季は11試合の出場で未勝利だが10位以内が7回と安定している。初挑戦だった昨年の全米女子オープンは、予選落ちと悔しい結果となった。今年はまずは予選を突破し、少しでも上位に食い込みたいところだ。 世界ランキング25位の古江彩佳は、パリ五輪を狙う上でも重要な一戦となる。2022年に米ツアー初優勝を飾った古江は、今季12試合に出場してトップ10以内が5度。前週のみずほアメリカズ・オープンでは最終日に一度は首位に並ぶも後半に崩れて7位でフィニッシュした。全米女子オープン開幕前の5月27日に誕生日を迎えたばかりの24歳が、米ツアー2勝目で自らを祝えるか。 世界ランキング30位の笹生は、冒頭でも触れたとおり2021年の大会覇者。19歳11か月17日でパク・インビに並ぶ全米女子オープン史上最年少優勝を飾り、樋口久子、渋野日向子に続く日本女子史上3人目の偉業を達成した。そこから3年、今季は8戦して10位以内が1回と調子が上がってこない。それでも、昨年の全米女子プロでも2位に入ったように大舞台で強さを発揮するだけに、日本女子ではまだ誰も達成していない海外女子メジャー2勝目を期待したい。 その他の日本勢では、2019年のAIG全英女子オープンを制した渋野、東京五輪銀メダリストの稲見萌寧、竹田麗央、岩井千怜、鈴木愛、小祝さくららJLPGAの賞金ランキングトップ4にも注目したい。 優勝候補は世界ランキング1位のネリー・コルダ 優勝候補筆頭は、LPGA出場5試合5連勝と異次元の強さを見せているネリー・コルダだ。東京五輪金メダリストで世界ランキング1位のコルダは、5月のファウンダーズカップでいったんは記録が途切れたが、すかさず翌週に今季6勝目を挙げた。BeeBetの優勝予想オッズ(2024年5月28日14時時点)でも1番人気の「4.50」倍となっている。 コルダに続くのが、ファウンダーズカップでコルダを下してツアー2勝目を飾ったローズ・チャン。BeeBetの優勝予想オッズ(2024年5月28日14時時点)では、コルダに次ぐ「20.00」倍をつけている。その後に、21歳ながら米ツアー2勝をあげているタイのアタヤ・ティティクルとメジャーを2勝している韓国のコ・ジンヨンが「22.00」倍で並び、日本の古江が「25.00」倍、畑岡が「26.00」倍と続いている。なお、その他の日本勢は、山下が「51.00」倍、笹生が「56.00」倍、西郷真央が「81.00」倍、岩井千怜が「86.00」倍で、100倍を切っているのはこの6人のみ。稲見は「301.00」倍、渋野も「401.00」倍と高いオッズをつけている。 大会概要 大会名称:全米女子オープンゴルフ選手権 presented by ally(欧文名:WOMEN’S US OPEN presented by ally) 日程:2024年5月30日(木)~6月2日(日) ※日本時間3日(月)午前終了予定 コース(開催地):ランカスターカントリークラブ(米ペンシルバニア州) コース総距離:6583ヤード/パー70 日本人出場選手 稲見萌寧 岩井明愛 岩井千怜 尾関彩美悠

全米プロゴルフ選手権の予想

106回目を迎える全米プロゴルフ選手権が日本時間16日に米ケンタッキー州ルイビルのバルハラ・ゴルフクラブで開幕した。最後にバルハラ・ゴルフクラブで全米プロゴルフ選手権を開催したのは2014年で、その年はロリー・マキロイが優勝した。 BeeBetの会員登録はこちら バルハラ・ゴルフクラブは、全米プロゴルフ選手権を開催するのがこれで4回目。過去の優勝者にはマーク・ブルックス(1996年)、タイガー・ウッズ(2000年)、そして前述のマキロイ(2014年)が名を連ねる。 全米プロゴルフ選手権のコンディションと勝者のトレンド 湿った状況と厄介な雨は、おそらくコースの1/3でプレイヤーたちを悩ませるだろう。競技者は、変わりゆくコンディションに柔軟に対応する必要があり、そんな不安定な天候がメジャー大会の難しさを増幅させる。 世界ランキング1位で4月のマスターズを制したスコッティ・シェフラーは、そんな状況でも動じないだろう。メジャー連続制覇に向けてしっかりと準備が整っているように見える。シェフラーに最終的に勝つためには、ゴルファーはすべてのスキルを完璧に発揮し、最終日には彼を見据えなければならない。 柔らかくて距離があり、標高の変化があるこのコースでは、飛距離とボールスピードが求められる。さらに、正確さも重要になる。これはメジャー大会であり、バルハラにはわずか23エーカーのフェアウェイしかなく、広大なラフが広がる。4インチ以上と芝足が長く湿り気がある密集した均一な草がすべての着地エリアを囲み、ティショットやアプローチショットが荒れた場合にトラブルを引き起こす。故に、飛ばし屋がここでの勝者になりやすい。 クウェイルホロー、オーガスタナショナル、トーリーパインズ、ミュアフィールド・ビレッジGCのように、勝つためにはロングアイアンの技術が必要になる。ウッズが20年間教えてくれたように、これがトーナメントを勝ち抜く方法だ。アイアンショットの3分の2は、175ヤード以上の飛距離を要する。さらに、小さいグリーンを制することも、このスキルでライバル達に差をつけることができる。さらに、ゾイシアグラスのフェアウェイもアプローチに影響する。 パッティングも、勝つためには重要なスキルだ。2014年には、トップ10のうち7人が、パット数で大会上位12人以内に入っていた。飛距離の次にパッティングが、勝者と最も相関のある特徴だった。もしシェフラーがパットでつまずけば、他者には彼を打ち負かすチャンスが生まれる。 11のパー4のうち、7つが460ヤード以上で、3つは415ヤード未満。長短のパー4両方でスコアを出せる能力は今大会を勝つためには必須だ。2014年のトップ10を調べると、その12人の選手(タイ含む)は、パー4で平均して8ストロークを稼いでいた。優勝スコアは10アンダー前後になると考えられるので、すべてのタイプのパー4で成果を上げることは大きなスコアリングアドバンテージになる。 全米プロゴルフ選手権はその後、哲学を変えた。出場選手は、2014年、2000年、または1996年よりもパーをセーブする必要がある。ボギーを回避することが、この選手権を勝ち抜く重要な要素となる。巧みなショートゲームプレイヤーは、パーをセーブするだけでなく、パー5や短いパー4でもスコアを出してくる。 バルハラ・ゴルフクラブのコース説明 バルハラ・ゴルフクラブは1996年にブルックスが勝利したときはパー72、全長7,144ヤードのレイアウトだった。しかし、今回の公式スコアカードはパー71、全長7,609ヤードだ。ブルックス以外では、バルハラの他の2人の優勝者も当時最も飛ばすプレイヤーだった。大会の舞台となるルイビルでは5月に2インチ以上の雨が降り、今週もさらに1〜2インチの降雨が予想されている。長く、厚く、密集したラフは、ショットに大きな影響を与える。 予選を通過する最良の手段は、できるだけ深いラフからボールを遠ざけること。今大会には前年覇者のブルックス・ケプカ、前週優勝のマキロイ、世界ランク1位のシェフラーは、好調な状態で大会に入っている。3人が調子良い中で、他者に勝つチャンスはあるのだろうか。天候状況とコース条件を考えると、その答えはイエスだと信じる。グリーンは再整備されベントグラスを維持しているが、フェアウェイはゾイシアグラスに移行した。この美しいボールストライキングのブレンドは、雨と湿気を処理するのに非常に優れている。2014年のマキロイは非常に柔らかい条件に悩まされた。 似たようなコースの比較としては、セントルイスのベラリーブとメンフィスのTPCサウスウィンドがある。どちらもゾイシアフェアウェイを持ち、ベラリーブはベントグラスグリーンも持っている。バルハラに降った雨を考慮すると、フェアウェイには少し弾力があるが、柔らかいゴルフコースは競技者の助けになるだろう。季節的な気温と低い風の条件は、好スコアを出しやすい。そのため、前述の3人は、コースが硬く速い場合よりも差をつけるのが難しくなる。 ここバルハラは、PGAツアーで3番目に長いコースだけでなく、3番目に小さいグリーンを持つコース。極端な長さと非常に小さなグリーンの組み合わせは、出場者にとって厳しい挑戦となる。さらに、60のバンカーと、ルイビル東部の丘を登り降りする間に水が絡む7つのホールが待ち受ける。多数のアップアンドダウンのアプローチショットが、キャリー距離と着地点の見積もりを求められるだろう。 BeeBetの会員登録はこちら