BeeBet Times

バスケットボール

琉球ゴールデンキングス対広島ドラゴンフライズ見どころ|日本生命Bリーグチャンピオンシップ2023-2024決勝 第2戦

日本生命Bリーグチャンピオンシップ2023-2024決勝の第2戦、琉球ゴールデンキングス対広島ドラゴンフライズが26日、横浜アリーナで行われる。先勝した琉球は、勝てば昨シーズンに続くBリーグ制覇となる。 琉球は、スリーポイント(3P)を高確率に決めて試合の主導権を握った。チームの3P成功率が45.5%(33本中15本成功)を記録する中で、今村佳太が62.5%(8本中5本成功)をマークした。今村はシーズン中の3P成功率が32.2%とそれほど高くなかったが、大舞台で大きな仕事をした。外からのシュートが効率よく決まれば、ディフェンスも広げざるを得ないのでインサイドが攻めやすくなる。その時は、センターのジャック・クーリーの出番となる。 一方の広島は、3Pの試投本数が琉球より12本も少なく、琉球ディフェンスを守りやすくさせてしまった。また、フィールドゴール試投本数は琉球より5本多かったが、成功率が琉球の43.3%に対して38.5%と40%を切っていた。負けられない第2戦では、序盤から内と外からのシュートを効果的に絡めて、琉球の守備をかく乱させたいところ。初戦で7点に封じられたエースのドウェイン・エバンスの覚醒に期待したい。

琉球ゴールデンキングス対広島ドラゴンフライズ見どころ|日本生命Bリーグチャンピオンシップ2023-2024決勝 第1戦

日本生命Bリーグチャンピオンシップ2023-2024決勝の第1戦、琉球ゴールデンキングス対広島ドラゴンフライズが25日、横浜アリーナで行われる。今シーズンのファイナルは、西地区に所属するチーム同士の対決となった。 バスケットボールの勝敗予想&オッズはこちらでチェック 昨季王者の琉球は、レギュラーシーズンを41勝19敗の西地区2位でチャンピオンシップへ進出。チャンピオンシップではBリーグチャンピオンの経験があるアルバルク東京、千葉ジェッツを次々と撃破し、3年連続でファイナルへ駒を進めた。チームの中心は、ジャック・ロー。身長206センチのセンターは、3度のリバウンド王に輝くゴール下の覇者。今季も1試合平均10.8リバウンドと5年連続で2けたをマークして、琉球のゴール下を支えた。また、チーム内の得点王でもあり攻守でけん引している。 対して、初のB1制覇を狙う広島は、36勝24敗の西地区3位ながらワイルドカード枠でチャンピオンシップへ進出。準々決勝では三遠フェニックス、準決勝でも名古屋ダイヤモンドドルフィンズと、すべてアウェイゲームの中で地区優勝チームを次々倒す番狂わせを演じて勝ち上がってきた。攻撃の要は、ドウェイン・エバンスだ。奇抜な髪形がコート上でひときわ目立つフォワードは、チャンピオンシップで1試合平均19.8得点を記録し、レギュラーシーズンの1試合平均得点(15.0)を上回る活躍を見せている。 両チームの対戦成績は、12勝4敗で琉球が大きく勝ち越している。今季も4度顔を合わせて、琉球が3勝1敗の成績を残している。両チームのスタッツを比較してみても、平均得点数、平均トータルリバウンド数では琉球が勝っている。広島としては、69-59で勝利した今季リーグ戦第36節のようなロースコアゲームに持ち込み、効率よく外からのシュートを射抜きたい。 実力で勝るのは、昨季王者の琉球。一方の広島は2戦連続で地区王者を破り、今季限りで引退する朝山正悟とともに有終の美を飾ろうとチーム内の雰囲気は最高潮に達している。地力か、勢いか。年間王者を決めるチャンピオンシップ決勝は、25日12時にティップオフ。 BeeBetの会員登録はこちら